<< 黄色い雨 グラジオラス一本立て >>
午前3時8分
なぜかこういう時間に目覚めることがある。

特に悩みがあるわけでもない。(ないことはないが)
特にやらなければならないことがあるわけでもない。(やることはいくらでもあるが)
なにやら目が覚める、そして眠れなくなる。
意識の奥の方で何かを考えているのだ。それが何なのか分からない。


外はまだ真っ暗で静まりかえっている。
(えいっ! 今日は起きちゃお!)
と上半身を起こすが、“ああ、やっぱりだるい・・・・・”と再び横になる。
目を閉じてジッと死んだふりをしていると(?)、やがて一匹の蝉がジージージージーと鳴き出した。
時計を見ると、4時48分。

何日か前は4時44分だったから、4分ほど鳴き始めが遅くなったことになる。
それだけ日の出が遅くなったのだろう、なんてことを考えながら薄白い明るさを頼りに階段を下りる。
洗濯機にシーツなどを投げ入れ、PCの前に来るまでに扇風機にぶつかり、半開きの扉にぶつかり、腹がたつやら可笑しくなるやら。



来月から、江戸参勤の日数が増えることになった。
家計は大いに助かる。一方、このまったり生活に慣れてしまった体がついていけるのかという不安がよぎる。
収入が増える分だけ、自分の時間は減る。
これは一人で自立していこうと思ったら当然のことなのかもしれない。

不労所得という稼ぎ方がいろいろ流行っているが、どれも私には合わない。
商才がないのもあると思うが、情熱が湧きあがって来ない。
稼ぐために働くというスタイルが合わないのだ、と感じる。
最低限の人間的な文化的生活が営めるくらいの収入はほしいが(その金額は人によってさまざまだろうが)、私にとって一番大切なことは、心が豊かでいられること。

その仕事でも、人でも、関わることで何を学べるかが私にとって大きなウエイトを占める。
そして世の中にどう役立てるのか。・・・・・・・これについては今の時点で、私があまり世の中の役に立っているとは思えず、生きることへの疑問にも繋がっているのだが。



話を少し戻して、少なくとも月々増加していた生活借金が今後は減らせていける希望がもてる。
通勤で体力をつけることもできるだろうし、効率的な時間のやり繰りができるようになる期待もできる。
美容院に行ったり化粧品も買えるから、若返ってきれいになるかもしれない。
スイーツの材料ももっと買えるし、チャレンジできる範囲と楽しみが広がった。
まずは歯を治療しなければならないけれど・・・・・・・・。

と、不安を数えるよりも希望の数をかぞえると、なんだか明るい老後が想像できる。(かな?)



なんだか、とりとめのないことを書いているな・・・・・・。

来週は4日連続で江戸参勤だから、今からその緊張がどこかにあるのだ。
などというと、フルタイムで働いている人たちに“なに甘いことを言ってるんだ”と言われそうだけど。

今週はまるでその予行練習のように、昨日から明日まで3日連続で江戸に参る。
人混みが苦手な私は、2時間という通勤時間よりも“駅”に負担に感じている。
ランダムにあちこちの方向へあるく人々、足を轢かれそうになるキャスター付きトランク、携帯を見ながらぶつかってくる人、シャカシャカとイヤホーンから流れてくる音、そういうイラつくすべてを、
(修行、修行、修行、修行・・・・・・・・・)
とひたすら自分に言い聞かせながら走り抜けていく。


その修行が増える分、金銭的な生活のゆとりが増えるのだから、やはり何事もこの世では一長一短。・・・・・・





体力UP! となるように、応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-24 07:44 | ■とりあえず日記
<< 黄色い雨 グラジオラス一本立て >>