<< 午前3時8分 ラムレーズン入りパウンドケーキ >>
グラジオラス一本立て
毎年放ったらかしにされているのに咲く花の一つが、グラジオラス。
「こんな所に咲いている!」
と驚いた時から、すでに一年が経ったということの驚きの方が大きい。

門から玄関に向かい、玄関前から庭に出る通り道の真ん中に咲き始めたのが昨年。
今年は芽が出ているもののなかなか大きくならず、水をあげていなかったし猛暑だったし、咲かないかもしれないと思っていた。

けれど家の軒下で、もっとカラカラの土から何本かのグラジオラスが花を咲かせていたから、あまり水分を必要としない植物なのかもしれない。


その、道の真ん中にとうせんぼをするように一本のグラジオラスが咲いていることに、今朝気が付いた。
          「あら~! 一年ぶり~!」
d0046294_7404519.jpg

ゴミを捨てに行って帰って来た時のことで、雨上がりの中ですっくと咲いている姿になにやら感動した。

秋になったら球根を植えかえてあげるといい、と父に言われたが、そうしてあげようという気持ちとこのままの方がグラジオラスにはいいのではないか、という気持ちが拮抗している。
場所を変えたいというのは、私の気持ち。
でもグラジオラスは?


自然に芽吹くことを“天道生え”というのだそうだ。
多くの種があちこちに飛び散ってすべてが芽吹くわけではなく、その中に花を咲かせて実をつけるなんてことは、もしかしたら私が考えている以上に奇跡に近いのではないか。
そもそもこんな場所にどうやって球根が入り込んだのかさえ不思議だし、こうやって花を咲かせているなんて、これはグラジオラスの意志なのではないか、などと思えたりもする。

いや、グラジオラスの意志というよりは、グラジオラスの精霊がここを選んでいるのかもしれない。



なんて考えると、やっぱり球根を移動させることをためらってしまうのだ。・・・・・・・






今日は夏が帰ってくるらしい。・・・・・行ったり来たりはやめてほしいの。
と思う私に同意の人、(同意しない人も)応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-23 08:02 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
Commented by トマコ at 2011-08-23 21:53 x
一年ぶりのグラジオラス、りっぱに咲いていますね(^^)v
球根植物って、突然咲いたりすることがあるんでしょうね?
うちの畑でも、10年も畑に居るのに見た事ないのが咲いたり
里芋なんかでも、どうしてこんな所に??
と、思いもかけない場所から生えてきたりすることがあります♪
チューリップの球根が、土中で移動するって聞いた事もあります。
モグラみたいに動いたら、ビックリですね^m^

私も、せっかく好きで出てきたのに・・・
って思うと、どうにも掘り出すって事がためらわれるんです。
グラジオラスの気持ち♪
グラジオラスの精霊の意思だと想像すると、いっそう動かせませ~ん(^^)
でも、球根は一度掘りあげたほうが、元気になるって聞きますよね・・・
本当に、私も迷って迷って10年、チューリップがそのままです^^;
Commented by anrianan at 2011-08-24 04:37
★トマコさま、
里芋や他の野菜が思いもかけない所から出てくるのは、羨ましい限りです。
そのままにしておくと、どんどん増えていくのではないでしょうか。
でも、採って食べたくなっちゃいますね、やっぱり。(笑)
チューリップの球根が移動?! それは初耳です。 
でも花は必ず太陽の光に向かって伸びていきますから、土中といえども充分考えられますね。
百合などは、一つの球根の周りに小さな球根がたくさん増えていくのだそうです。
じゃがいもや里芋などと同じかもしれません。
球根は掘り上げた方が元気になる。・・・・・・・じゃあ掘り出した方がいいんですね・・・・・(といいながらも躊躇いが)。(^_^;)
確かにウチでも水仙やヒヤシンスは、15年以上同じ場所に埋めっぱなしです。
一度水仙が歩く所にどんどん芽を出してきたので、掘り出して植え直したら、今までのように咲かなくなってしまいました。やっぱり日が当たる場所を求めて芽を出すような気がします。
一方ヒヤシンスは花が小さくて、図鑑で見るようにこんもりしていません。
これは、・・・・・掘り返した方がいいのでしょうかねぇ・・・・・・。
<< 午前3時8分 ラムレーズン入りパウンドケーキ >>