<< 一番好きな場所 胸がきゃりっとときめく時・・・・・・ >>
ええ、何だってやりますとも。
お江戸で働いた翌日は、どうしても足を焼かれながら起き上がることになる。
太陽の光がベッドをジリジリと照らし始めるので、私は“あち・・・・あちっ・・・・・”としぶしぶ起きるのだ。
(やった、8時前だ・・・・・・・)
と、今朝は7時59分に起き上がった。



頭から水を被ってから庭を眺めるが、すでに朝飯前の仕事はできる状態ではない。(太陽が出ているから)
アイスコーヒーを飲みながらPCを立ち上げ、メールのチェックなどを始める。

このごろ4年目に突入したマイPCは起動が遅くなり、働く意欲がないチャラ子のように動作が鈍い。
待ち時間を嫌う私は起動させながら、洗濯や布団を干したり、掃除機をかけたり、おめざを取りに行ったり、PCを基点にちょろちょろと動き回る。
そして行った先でふと思いついたことをやっている内に、最初にやっていた事を忘れていたりする。
ボケの初期症状なのか、単なる物忘れなのか、深くは追求しないことにしているが。・・・・・・



さて、そうした“ふと思いつき行動”の中で、珍しく洋服のリフォームなどにトライしてしまった。
d0046294_13302059.jpg

20年近くも前に、カリフォルニアで買ったサマードレス。
英語で書かれているタグはほとんど判別不可能となっているが、“LA gal made in California”だけははっきりと読める。

綿素材にインドシルクが混ざっているような感じで、さらさらして汗の吸収がよいので気に入っているのだが、カリフォルニアでは何の違和感なく着られたのに、なぜか日本では着にくくて余り着ていない。
露出度が大きいのだろうか? 襟ぐりが開き過ぎているのだろうか?

最近のファッションを見ていると、日本もかなり娼婦ファッションになっているからカリフォルニアガールズに負けていないと思うけれど、私の感覚が古いのか、それともやっぱりデザインが微妙に異なるのか・・・・。

そう考えつつも、近頃スカート丈を短くしたい私。(← 立派に露出したがっている)
これも暑さのせいなのか、それともオバチャン特有の開き直りっちゅうやつなのか、よく分からない。
d0046294_13303482.jpg

よって、こんな風に短くしてみた。
ご安心あれ、ローウエストだからこれでもひざ上20センチくらいになって、パンツは見えない。

再び長くしたくなった時のために、布地は切らずに織り込んで縫いつけた。


   ふふふ・・・・・、なかなかいいんじゃないの?


なんて自分では思っているけれど、これを外に着ていけるだろうか。

   ちょっと勇気を要するような・・・・気が・・・・・・する。





今限りの人生と思って勇気を出せ~!!! と応援のぽちっをお願いね。(^_^;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-11 14:11 | ■とりあえず日記
<< 一番好きな場所 胸がきゃりっとときめく時・・・・・・ >>