<< すもも収穫の新兵器! 歩いてしまった日 >>
土用の前ですが、やってしまいました・・・・・・
梅の塩漬けが一気に香りを増し、ビニールを通して見える梅酢には白い泡が見え始めていました。
もうそうなると毎日毎日が、いや階段を上り下りするたびに気になって気になって落ち着きません。
「もうカビそう~! 早く干してぇ~!」
と叫ばれているように思えて仕方がないのです。

今日はまったく梅の天日干しなど予定していませんでしたけど、目覚めてシーツを抱えて階段を下りてくる時にも胸がざわざわざわざわ・・・・・・・。

とりあえずシーツを洗濯機に入れて、じっとりと汗ばんだ体を水浴びでスッキリさせると、やおら後漬けの梅(鍋入り)を持ってきて、梅の選定を始めました。
というのも、後漬けの方には充分に熟している梅(多少熟しすぎ)と、もうちょっと熟した方がいい梅と、つまり熟し具合が異なるものを一緒に漬けていたし、たまに蓋(お皿)を開けて、梅酢と梅を静かに上下入れ替えたりする時にも、やっぱり漬かり具合が全然違っていたので気になっていたのです。


蓋を開けて、菜箸で丁寧に一粒ずつ取り出して、“ぐちゃぐちゃになるほど漬かっている物”と“もう少し漬けていた方が良さそうな物”を寄り分けます。
ぐちゃぐちゃになるほどの梅は、ホントにぐちゃぐちゃ・・・・・・。
皮までペロリと剥がれてしまったモノもあるほど。
これらは小さな器に入れて、ひとまず冷蔵庫に入れてしまいました。

特に理由はありません。
これ以上常温で置いておくとカビが心配だったし、
(このまま赤い梅酢に浸しておいて梅肉だけにしてもいいかも)
なんても思っているのですが、これはまだ思っているだけ。
それよりも、後の梅をどうするか? 最初に漬けた梅は大丈夫か? とチェックすることが山ほどあります。

とりあえず、後漬けの梅酢を濾すことにしました。
皮が破れたものも結構あるので、梅肉も混ざり込みドロッとしている状態です。
d0046294_11254520.jpg

そして先漬けの赤シソを入れた梅を見ると、こちらは皮が破れることもなく(1-2個は少し破れたけど)きれいに仕上がっています。
これらは昨日偶然に見かけて買ってきた梅干し用のざるに干すことにしました。

このザルは“ベトナム製”と書かれていて、大780円、小680円。
近頃ではホームセンターなどで安い物が出回っていますが、畳カーペットや簾などは何やら薬や塗料が塗ってあることが多いので、食品に使うモノは日本製に限ると思っていたのです。でも、日本製は高い!
このザルを見た時に、中国製だったらパスでしたけれどベトナム製だったので、
(まだベトナムだったらそんなにケガレてないかも・・・・・・)
と、私の勝手な独断と偏見で買うことにしました。

一応使用する前に濡れふきんで拭いて、さらに焼酎を浸したふきんで拭きました。
d0046294_11351416.jpg

こうして先漬けの梅と、梅酢2種、赤紫蘇ともう一つのザルも干して完了です。

と眺めた時、やっぱり影になっている赤紫蘇が気になりました。
梅干しのザルが丸いのに、ベランダの柵の部分が影になってしまい四角く天日干しすることになった梅。
赤紫蘇を、その影になっている部分に干しているのです。 分かります?


でも、もう一つザルがあるのだし(これはやがて後漬けの梅を干す時に使うのだけど)、このザルに赤シソを干しておけばいいんじゃないの? と思い直して、この通り
d0046294_11403398.jpg

庭に干せば日陰など気にする必要はなくなるのですが、その代わり数時間ごとにひっくり返す時、蚊に刺されることを気にしなければなりません。
蚊や虫に刺されると(年のせいか)肌が弱くなったようで、すぐに赤いポツポツが出来てしまいます。
美しい柔肌(?)を守るためにも、極力庭には出たくない昨今なのです。

ということで、二階のベランダで多少影を気にする煩わしさはあっても、丸いざるに四角く干すことを選んだわけです。
                                         (※写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_11454354.jpg

さあ、残るは後漬けの梅。
天気と相談して今週中か、週末には干すことになります。
(それまでカビないでちょーだいよぉ・・・・・・・・!)


  星に願いを、ならぬ “梅(干し)に願いを・・・・・・!”です。





カビないように応援の★(ポチ)をお願いね~!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-07-10 11:56 | ■食生活
<< すもも収穫の新兵器! 歩いてしまった日 >>