<< 歩いてしまった日 横浜中華街~赤レンガ倉庫へ  >>
スモモに悩まされる時季・・・・・
7月7日の七夕に雨が降らないというのは珍しい。
とはいっても、旧暦での七夕は8月6日。

  彦星と織姫は、一体どっちの日に密会してるのだろう・・・・・・・。

毎年気になっている。



ということはさておき、彼らの密会よりも気になっていることがある。
先日も書いたけれど、“すもも”のこと。
珍しく月曜から水曜までの三日間連チャンで外出し、こうして家に居なかった日が続いた後は、必ず周囲の植物の変化に驚く。たかが三日なのに。

その一つが、すももというわけだ。
   見よ! この色づき具合!            ※ クリックすると大きくなります
d0046294_11411730.jpg

6月30日にたった一つだけ赤くなっていた実が、七日の間にこんなになってしまうのだ。

そして、今年は今まででもっとも多くの実を付けている。
思えば、苦節・・・・・・・何年だ?

レモンの木と同じで何年間も実を付けず、やっと数個の実をつけたと喜ぶとすべてが風で落とされてしまい、ここ4-5年でようやく私の口に入るようになった。

それでも最初はかなり酸っぱくて、
(売っているスモモの方が全然おいしい・・・・・)
とガッカリしていた。

ところが昨年、熟しきる前に高枝バサミで苦労して収穫し、家の中に置いておいたらとても甘くなっていることを発見。
きっと熟してから収穫したらもっと甘さも濃いのだろうと思うけれど、熟しきると落下するまでのカウントダウンが間近になるから、なかなかタイミングが難しい。
ちなみに、落ちて日が経っていないものは拾って食べたりするけど、案の定その甘さに驚く。

けれど大概は傷みが激しく、よく洗うにしても食べるには命の危険を感じるものが多い。
それでも必ず熟した物ばかりが落下するわけでもなくて、中には風にむりやり落とされた実もある。
こういう実は拾ってしばらく家の中で療養させると、それなりに食べられるようになるものなのだ。


ということで、こうしてスモモの実が赤くなってくると、
(木の周囲の下草を刈らなければ・・・・・・・)
となるわけだ。  (↓ 二階から見下ろした図 ※ クリックすると大きくなります
d0046294_11554711.jpg

手前のペパーミントは刈らなくてよいとしても、写真中央から上にかけての草は刈り取らなければ、実が落ちても見つけるのが難しく、また草ぼうぼうの中を歩く気にもなれない。

とはいっても・・・・・・・、

それじゃ! と草を刈る気にもなれない・・・・・・・・。


何しろ、この時季になると(しつこいようだけど)蚊の大群がもの凄く、加えてさまざまな大蜂も飛び回っている。
したがって、大股で2-3歩先のミニトマトを収穫するにも大きな決断が必要になり、見事に開いた百合の花も切り取れずにいる。


それでも近々庭に出ねばなるまいよ。・・・・・・


  それが今日なのか、明日なのか、あさってなのか・・・・・・・・・。


と迷っているうちに、どんどん日が経っていくのだな。 (--;)



でも早くしなければ、すでにカラスが木に止まるようになってきたし、その内にタヌキもやってくるかもしれない。
野性の王国縮小版のわが庭は、私もその生態系の一部として彼らと食糧争奪戦をしなければならないのだ。






それでもホントに虫刺されと蚊に刺されるのは嫌なの。(:_;) という私にガンバレー~! と応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-07-07 12:21 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
Commented by tengtian60 at 2011-07-08 06:30
おはようございます!

木で熟したスモモが食べられるなんて羨ましい!^^
それにしても豊作ですね~
越す前の家にもスモモの木を植えていましたけど数個しか実りませんでした。^^;
完熟のスモモ美味しかったですけど、数個ではね・・・

お庭にヘビは現れませんか?^^;
昨日、お隣さんの庭に抜け殻が有りました。ってことは・・・^^;
蚊の大群・・・越して来てからこのこと忘れていました。
こちらではこれから虻(アブ)に悩まされます・・・^^;
Commented by anrianan at 2011-07-08 11:44
★tengtianさま、
おはようございます。
スモモも種類があるとは思いますが、ウチのすももは長い時間がかかりました。
両親が居る頃はなっていませんでしたから、この5-6年です。
この場所に来て30年いじょうですから、かるく20年くらいは実が付かなかったことになります。
日当たりも関係があるでしょうね。前に家が建って、いちじくが枯れ、モモが枯れ、このスモモは残りましたけど、ようやく前の家の高さと同じくらいになった所に多くの実をつけていますから。
蛇はいてもおかしくないと思いますが、私は未だ一度もお目にかかっていません。
母は「大嫌いだからよく見る」といいますが、私も大嫌いなのに一度も見ません。
見ていないものを今から怖がっていても仕方ないので、私の目の前に出ないで、と念じてます。(笑)
こちらも大きな蜂(アブとの違いがわかりません)が何種類か飛んでいます。
私は太ももを二度ほど刺されて以来、すっかり怖くなりました。・・・・
<< 歩いてしまった日 横浜中華街~赤レンガ倉庫へ  >>