<< 天然酵母の手作りパン 3度目の挑戦! ショートブレッドを作る!  >>
ハイビスカスの贈り物
昨日、まったく予想もしていない贈り物が届いた。
ハイビスカスである! しかも大きい! しかも赤!(←特に意味はないんだけど)

花が届くなんて生まれて初めて!

   えぇ~っ! な、なんだ・・・・・・?!

内心驚きながら、宅急便のおニイさんから受け取って差出人を確認する。


            うっふっふっふ・・・・・・・、そうかそうか・・・・・・、思い出した!

                                          (大きなハイビスカスを見たい方は、写真をクリックしてね)
d0046294_771254.jpg

タネあかしをすると、数年前のお誕生日に花のカタログをくれた人がいる。
花束や花籠、植木鉢など合わせて10種類ほどが掲載されていて、その中から一つ選んで送ってもらえる。

そのカタログはすっかり忘れられており、部屋の片づけをしていたら出てきた。
有効期限を確認すると特になし。
(ほんとかなぁ・・・・・・)
と思いながら、とりあえず添付されているハガキを指定の園芸店に送ってみた。
するとその園芸店から電話があり、私が申し込んだ花は季節をちょっと外しているのでいいのがないという。
選択を変えるか、それとも来年の時季まで待つかと聞かれ、待つことにしたのだった。

あれはいつだったのだろうか。・・・・・

誕生日を過ぎてからだったので、10月に入っていたのかもしれない。

その事をすっかり忘れていて、花屋の店先でハイビスカスを見ると
(わぁ~、買いたいなぁ・・・・・)
と思ったりしていた。
最近は小ぶりの鉢も出ていて、安いものだと千円以内で買えたりする。
が、その千円を出せずに諦めていた。

そう、カタログから選んでいたのはハイビスカス。

ハイビスカスやブーゲンビリアは真っ先にハワイを思い出し、あの明るい日差しや暖かい風が蘇って好きなのだ。
なんとなく心も明るくなるような気がするし。



両手いっぱいの大きな鉢を抱え、
(自分から自分への贈り物ってとこね・・・・・)
と、思わず笑ってしまった。

考えてみれば、日々の中で感じる喜びや楽しみなんて、すべて自分から自分への贈り物なのかもしれない。
自分を楽しませたり励ましたり、あるいは人を喜ばせようとしたり、すると忘れた頃にそのお返しがやってくる。
悪いことも返ってくるけど、いいことも返ってくる。・・・・・・

そんな事を考えながら、大きなハイビスカスをとりあえず机の脇に置いた。      (これも大きくなります)
d0046294_7362281.jpg

このハイビスカスは、この家に慣れてくれるだろうか。この土地に根付いてくれるだろうか。
そう、やがて日当たりのよい場所に植えたいのだ。
好きなだけ大きくなれるように。・・・・・・・




ハイビスカスに明るい未来を! 応援のぽちっをお願いね。(笑)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-06-03 07:50 | ■とりあえず日記 | Comments(8)
Commented at 2011-06-03 17:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 銀の小鈴 at 2011-06-03 20:41 x
忘れたころに届くなんて、よけいにうれしいですね!
深紅のハイビスカス、蕾もたくさん付いていて長く楽しめそうですね。
そちらは冬でも暖かそうだから、きっと戸外でも育ちますョ。
どんなふうに育っていくか私も楽しみにしています。
Commented by トマコ at 2011-06-03 21:49 x
わぁ~♪ 思いがけないプレゼント(^^)
真っ赤で情熱的なハイビスカス。
これから梅雨の時期も、お部屋を明るくしてくれそうですね。
私は、ハイビスカスは沖縄や温室でしか見られないと思っていたら
四国や九州でも、地に植えて育てておられる方もあるそうです。
意外にも身近なお花だと知って、驚きでした。
あんりさんの所でも、大きく育ってくれると良いですね~♪

カタログの期限の長かったこともスゴイ!
嬉しいサプライズでしたね(^^)v
Commented by aomeumi at 2011-06-03 21:52
ポルトガル・青目
お花はいいですねぇ・・・お部屋が華やぎ、何かしら心が弾みます・・・素敵なプレゼントね。いい場所が見つかりますように・・・こちらは、ブーゲンビリア、ハイビスカスだらけ・・・丈夫な花のようですよ。日本だと、冬はお部屋・・・なのかしらねぇ・・・やっぱり・・・。
Commented by anrianan at 2011-06-04 07:15
★2011-06-03 17:55 カギコメさま、
まぁ・・・・・・! では今日あたりでしょうか。・・・・・
忙しい中を心遣いいただいて、なんと申し上げていいやら。・・・・・・
ありがとうございます。m(__)m ですね。
それに“A”も一緒に?! 勿体無くて使えませんね。(笑)
また後ほどそちらにうかがいます。
Commented by anrianan at 2011-06-04 07:19
★銀の小鈴さま、
たまに、チラッと思い出してはいたのですが、「忘れられているかも」なんて思っていたものですから、ほとんど私自身も忘れている状態でした。
真っ赤な色というのはちょっと強すぎるようにも感じましたけど、確かにドキッとしますね。
赤いバラの花を男性から送られたら(好きな男性ですけど)そりゃあKO負けだろうと思いました。(笑)
戸外に植える季節としては、これからがいいのでしょうねぇ・・・・・。
Commented by anrianan at 2011-06-04 07:24
★トマコさま、
まさに“情熱的”という表現がピッタリの色彩です。(笑)
雨の日に届いたので、薄暗い部屋の中でそこだけ別の空気が流れていました。
この頃では温暖化のせいか、こちらでも外でブーゲンビリアが野性化しているのを見ました。
かなりビックリしましたが、このハイビスカスも育つかもしれないと希望が持てます。
カタログに有効期限がないなんて、ねぇ・・・・・今の時代、ちょっと考えられなかったです。
良心的というか・・・・・本来の姿というか・・・・・。
今からどこに植えようか、と頭を悩ませています。ウチの庭の日当たりを考えると・・・・・うぅ・・・。
Commented by anrianan at 2011-06-04 07:30
★ポルトガル・青目さま、
大きなブーゲンビリアが咲いているのを拝見した時、すごく羨ましかったです。私も家の軒先にあんな風に咲かせたいんだよなぁ・・・と。ウチの近くでもブーゲンビリアが枝を広げて咲いている所を見つけて、風当たりと日当たりを考えれば外で育つのだと思いました。ポルトガルって熱い地域だったのですね。aomeさんのローカルニュースで(笑)初めて知ることが多くて楽しいです。
<< 天然酵母の手作りパン 3度目の挑戦! ショートブレッドを作る!  >>