<< 野菜も恋も、芽生え時が一番楽しい! うめぇ~具合にいかないもんだ・... >>
気だるい夏の夕暮れ・・・・・・
毎日目覚める時は、今日一日何が起こるのか誰も知らない。
大抵は多少の家事をやりながら、なんとなくPCの前に座って一日が終わる。
今日もそういう日になるのだろう、と思っていた。

でも天気が良かったから、いつもより多めの洗濯物をしようと思っていたし、それらをどこにどう干すかということに多少頭を悩ませてベッドから起き出した。
洗濯物は一部を庭に干して、大方は2階の洗濯物干し部屋(もと私が使っていた和室)に干している。
すべての窓を開け放して風を通すと、ほとんどの物は一日かからずに乾いてしまう。
(今日のメインイベントは、掛け布団カバーだ!)
ガーゼケットと掛け布団カバーを洗うと、さらに薄い掛け布団を洗ってかける場所がなくなる。・・・・・
ま、こんなことはどーでもいいのだけれど、こうやって天気がいいとパズルをはめ込んでいくように、洗濯物を干す場所を考えながら干しまくるのだ。


けれどその洗濯パズルを始めた時、昨日買ってきて水に浸されたままのイチゴを発見!
(誰だ?! 水に浸けっぱなしにしてるのは!)
私だ。

ヨーグルトに入れたくて買ってきたのだけど、ちょっと水に浸けておくと汚れや放射能(?!)が取れるような気がして、・・・・一晩中そのままになっていたのだ。

   ああ゙っ! 傷んでる!・・・・・・・

水にイチゴを浸けておくと傷むということを、初めて知った。  (アホだ・・・・・)



(そうでもないのもあるか・・・・・・・。)
すべてが傷んでいた訳ではないことを知ってちょっとホッとはするけど、やっぱり勿体無い・・・・・・。

とは言っても仕方がないので、傷んでいるいちごはジャムにすることにした。
(ヨーグルトに入れて食べよ!)
と考えると、とたんに元気が復活。
d0046294_17102868.jpg

砂糖を入れて味見をしてみたら、ちょー甘い!
でもいいのだ、ヨーグルトに入れるんだから・・・・・・。
こんなちょっとしかないから、すぐに食べきるよ、きっと。 (後ろの瓶は、リンゴの酵母菌ね)
d0046294_171223.jpg

ふぅ・・・・・・、これで落ち着いて座れるな。
とコーヒーなどを飲みつつ、PCを立ち上げた。
すると、ドアをノックする音が聞こえる。
“は~いっ!”と出ると、クロネコヤマトのおにいさん。差出人は、おナカさんだ。
(ありゃ~、今日届いちゃった・・・・・・)
そのうちタラの芽を送るから! と言われていたのだった。

箱を開けると、新聞紙に包まれたお宝がみっしりと詰まっている。
(うふふふ・・・・・、出た出た)
と思わず笑ってしまったのは、これ。
d0046294_17191589.jpg

こうやって包んだ物に書いてくるのだけど、全部に書いてくるわけではない。
気が向いた物にだけこうして書いてくるのだ。
(菜の花くらい、あたしゃ知ってるわい!)
と、中身を開けながら思う。

つまり、こういう説明書きなら分かるんだけどさ。
d0046294_17224169.jpg

(おぉ! 畑で採れたのか~!)
と感動もするが、“これはXXです”と教えてくださらなくても、開けて見れば分かるんだからさ。・・・・と思うわけ。

以前にも、箱を開けたら“まず ゆで栗”と書かれている紙包みがあって、大笑いしたことがあった。
「まず」と「ゆで栗」の間に“い”が抜けているのか?(笑)
というジョーダンはともかくとして、生のままの栗と区別するためにこう書いてきたのだ。

おナカさんの中ではちゃんと会話が成り立っているようなのだけど、聞いているこっちはさっぱり分からない、ということはよくある。
でもなんだかすごーく嬉しそうに話していたりするので、
(ふ~ん・・・・・、なんか嬉しかったのねぇ・・・・・・)
と思いながら、何となく分かったような相槌を打っている。


話は逸れたが、こうして一つ一つの新聞紙などに包まっているものを開けながら、とりあえず水に浸けていくのだが、・・・・・・これじゃ浸かってない。
d0046294_17571841.jpg

そしてタラの芽ほか、こちらも。
d0046294_17581014.jpg

とりあえず、葉物はすぐに茹でるとか炒めるとか調理をしないと鮮度が落ちていく。
トマトやりんごなど調理をしなくて良い物は、・・・・・・冷蔵庫になんとか押しこめなければならない。

と箱から出していたら、おナカさんから電話。
「あ、おかーさん!」
といつもながら元気いっぱいの声。(ま、元気がなによりありがたいのだけれど)
「あ、・・・・さっき着いて、今箱から出しているんだ。電話しようと思っていたんだよ」
と私は慌てる。
この人は、私が何か送っても“着いたよ”と電話をしてこないくせに、自分が送った時は“着いたよコール”が待ちきれなくて、いつもこうして電話をしてくるのだ。・・・・




タラの芽を天ぷら、ホウレンソウの半分を茹でて、半分をベーコンと炒める。
小松菜は煮びたしにして、菜の花はからし和え。
シイタケの大きいの2つはひき肉を塗りつけて焼き、あとは天日干し。

もうこれだけをやったら、クタクタ・・・・・・。
その間、買い物に出たり布団や洗濯を取り込んだり、アサ子さんの所にも行ったし・・・・・・。


海水浴などに行って、帰りの車の中で迎える夏の夕暮れの、あの気だるさ・・・・・あれに似ている。



   ちっ・・・・・、隣りにイイ男がいるわけでもなし、洗濯や料理でけだるってどーすんのさ。(;一_一)







ああ、気だるい夏の夕暮れが恋しいあちきに、応援のぽちっをお願いね~。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-14 18:32 | ■とりあえず日記 | Comments(4)
Commented by ポルトガル・青目 at 2011-05-15 00:03 x
送る側のおなかさんのいそいそ・・・が伝わってきますね。
たらの芽・・・美味しそうねぇ。
Commented by exmouthcoco at 2011-05-15 05:47
anriさん、こんばんはー。
すごいお野菜の量ですね。バラエティ豊かでうらやましい…。
お母さまの愛情を感じます。
喜んでいる姿を想像して、いても立ってもいられなくて電話をかけていらっしゃるのでしょうね。^^

ところで、リンゴ酵母、楽しみですねー。
私も作った気分で楽しませてもらってます。
Commented by anrianan at 2011-05-15 09:14
★ポルトガル・青目さま、
ありがたいものです。・・・・・・これらを一欠けらも腐らせずに胃袋に入れなければ、とプレッシャーもかかるのですが。(^_^;) タラの芽は、小さめの物を採ったのだそうです。
今度、ポルトガルに苗を一本お持ち帰りしますか?(笑)
Commented by anrianan at 2011-05-15 09:26
★exmouthcocoさま、
cocoさん、おはよう!(ほんとにフランスとは昼夜逆転なんですね!)
あらま、私はホワイトアスパラが羨ましいけれど・・・・物々交換できればいいのにね。(笑)
送る側は相手の喜ぶ姿を見たくて送るし、その姿を見て自分も嬉しくなるということでは、結局自分のために送るのかしら、なんて思ったりもするけど、・・・・・・親は掛け値なしに愛情を注いでくれる有り難い存在ですね。

酵母作りからよりは、先にパン作りを何回か体験しておいた方がいいのかもしれないですよね。・・・
海外在住組がいろいろ手作りされる人たちなので、私も刺激されるし励まされています。
<< 野菜も恋も、芽生え時が一番楽しい! うめぇ~具合にいかないもんだ・... >>