<< 美しきもの 夢の中で >>
水がなくなる日 - War of Water -
原発から漏れた放射能によって、東京で“水道水を飲まないように”とニュースで流れました。
さぁ、大変! 
食品や日常品が一時お店の棚から消えましたが、今度はペットボトルが消えることとなりました。

その後、微妙にニュアンスが変わって行きます。
「乳児については、水道水でミルクを作らずにミネラルウォーターを使ってください」
と乳児に限定しているかのようなニュアンス。 けれど、
d0046294_7435218.jpg

なんや? それ!
“差し支えありません”の言葉に違和感を感じたのは、私だけ・・・・・・?

差し支えないのなら、最初から“水道水を飲まないように(あるいは、控えて下さい)”などと言わなきゃいいじゃない。
意味の分からない数式を見せられた所で、全然納得できませんよ。

要するに、ペットボトルが手に入らなかった人が、乳児にミルクを与えず脱水症状を起こす方が、より乳児にとっては危険、と危惧したらしいのです。
でもこれは単に、どちらがより危険か? というだけで、結局水道水が危険であることに変わりはないと私には思えます。
さかんに「健康には害がありません」と強調するけど、ならば発表する必要がないではありませんか?
(大体、何を基準に安全か、安全じゃないかを決めているのさ。)


人間の体は6割が水分と言われ、乳児は7~8割とのこと。
水が私の体を作っているといっても過言ではないのに、その水が汚染されたのです。



原発は、地方の美しい場所に造られています。
山や海に囲まれ、自然の食物の宝庫でもあり、日本にとっては最後の食糧庫といえるくらいに貴重な場所。
日本は今、大半が輸入で賄われ、以前から自給率が低いと話題になってはいました。
今、その少ない自国での食物が、壊滅へ追い込まれています。

誰が壊滅へ追い込もうとしているのか?



私は自分の電気代のために節電をしてきましたが、こういう状況になって見ると、もっと大きな意味で節電を考えるべきだったと反省しています。

計画停電がなくなっても、各家庭の使用量を一律20Aに設定すればいいじゃないですか。
山手線は2-3分おきにだったけど、7-8分あるいは10分おきでいいし、他の私鉄各線も7-80%の運行状態のままでいいのではないですか?


こうして水を汚染し、空気を汚染し、そのうちに土壌も汚染されます。
すると農作物が汚染され、食べ物を失うのです。
それでも電気を目いっぱい使って、健康や安心・安全と引き換えに便利な生活を送りたいですか?
一人ひとりの意識が、社会に反映されていくのでしょうね。・・・・・・



次の都知事や県知事選では、「災害に強い街づくり」が餌として撒かれるとのこと。
一人でも、原発撤廃を命がけで公約する人がいるでしょうか・・・・・・・、私は楽しみにしているのです。(期待はしてませんけど)


政治家は、いつも耳障りのよいことを言い、そして期待した分だけ失望します。


私は思うのですよ、
“まずは、河村たかしさんのように自らの身を削ってみなさいよ”と。
彼らにとっては年間800万円というのは少ないのかもしれない。
だけど、私にとっては今の年収の10倍! 年間800万も貰えるならば、まさに死ぬ気で働きますけどね。

衆議院さんたちは、年収2000万なんでしょ?




ま・・・・・、死ぬ気で働いているのかもしれないですけどね。
未だガソリンが届かないために足がなく、食糧の買い出しにもいけず、いよいよ底をついてきているという被災地の人たちが少なくないという状況には、なんとも“死ぬ気”が伝わってこないのですよ。

被災者は、
「もっと酷い人たちから比べればなんともない」
と誰もがガンバッてますけど、おカネを出せば何でも買えて、何でも美味しい物が食べられる人たちには、分からないでしょうね、食糧が底をついてくる不安や恐怖は。


いわき市は原発の爆発以来、物資も運んでもらえなかったというではないですか。
元気で生き残った人間に、餓死しろと言っているのですか?・・・・・・

  私が大型車の免許を持っていたら、トラックに積んで持って行ったのに、と口惜しく思います。
  こうして考えると、今の私は何一つ力になれていない。
  生き方を間違えたかな、と悲しくなるのです。・・・・・・



さいごに、
岩手県民に支えられていた小沢一郎さん。
あなた、私財をなげうってでも、この未曽有の危機に直面している岩手県民を助けようとしないのですか?

岩手は前回の選挙では、民主党員で占めていましたよね。
他の議員さんは、今何をしているのですか? 現地に行ってみましたか?
個々の家で孤立している被災者を回ってみましたか?


“想定外の広い範囲なので”という言い訳は、もう耳にタコです。







かと言って「この人がいい」という人がいないことが、一番の悲劇。・・・
と思う方、(思わない方も)ぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-03-24 09:11 | ■とりあえず日記
<< 美しきもの 夢の中で >>