<< 頭痛のタネは灯油と失言? 東北関東大震災から一週間 >>
原発のニュースは流れど・・・・・・
昨日はエキサイトの調子が悪かったらしく、時間をおいて何度アクセスしても繋がらなかった。
(ま、こういう時は無理にブログを更新せずに・・・・・・)
と気付いたらバスの運行状況を調べて一日が終わった。
もちろん、まだバスは開通されていないのだけど、岩手交通の何路線かの夜行バスはネットで予約が出来るようになっている。
(予約ができるということは、行けるということか?)

とてもそうは思えないのだけど、私がいつも利用している路線は「満席」表示で予約ができないように設定されているのに、同じ会社でも別の路線が予約できるようになっていると、
(ひょっとして行けるのではないの?)
と思えてしまう。

その内、JALに羽田から「いわて花巻」までの路線があることを知った。
(飛行機で行くか!)
と胸が躍ったが(私は妙に飛行機に乗るのが好きなのだ)、往復の利用となるとマネーがじぇんじぇん話にならぬ。

それに、
結局バスでも飛行機でも、花巻まで行ったところでその先の足がない。
そのことに改めて考えが至った時には、すでに外はうす暗くなりつつあった。・・・・・・・

それにしてもだけど、時々やたらとくしゃみが続く。
d0046294_1238449.jpg

とうとう花粉症デビューか・・・・・とギョッとしたのだけど、その後はぴたりと止まり、やっぱり風邪だったのかとも思える。




<被災地について>
このところテレビ番組もすっかり通常通りになって、今でも荒れ果てたままの被災地の中で孤立している人たちもいるということが、色褪せていくようで虚しく感じることがある。

おナカさん(母)がいる場所は少し内陸に入っているから、津波の被害はなかったけれど、町にガソリンがなくなって動きがとれない状態になっている。
家から片道4kmはある宮守駅近くのMM1(エムエムワン)というスーパーまで、2回ほど買い物に出たらしい。

「もうさぁ、足が痛くなっちゃって・・・・・・今日はもう歩かないようにしているんだ」
という。そりゃそうだろう。
20年ほど前に左膝を粉砕骨折している母は、身体障害者手帳をもらっている。
一見どこも悪くないように見えるし、本人も絶対に弱音を吐かないから傍からは分からない。
けれど左足を無意識にかばって歩いているので、疲れすぎたりすると右腿の外側がパンパンに張るのだ。

私がいれば行ってあげるのに・・・・・・・。


私は被災して困っている人たちのことを忘れないために、一日3回お椀にお粥一杯の食事にしている。(とは言っても発泡酒は飲んじゃったりしているんだけど~・・・)(^_^;)
キャベツと玉ねぎ、ワカメを入れて、卵は一日一個落とし込む。
これだけだって、食べ物がない人たちに比べれば羨ましいほどの食事、だしょ?・・・・・・・
d0046294_12473843.jpg

被害の酷い所から救援物資を届けてもらいたいのは私も同じなのだけど、自分で何とかできる人たちも、車が動かなければ、どこにも行くことができない。

どこまで道路は復旧しているのだろうか。・・・・・

放射能が漏れることの方が何千倍も恐ろしいけれど、でももうちょっと、その他の被災地の救援、復興状況を知りたい。
被災者は避難所ばかりではない。
各個人の家で孤立している人も多いのではないだろうか。・・・・・・
私は両親がそういう状況だから、とくに気になるし苛立つのだ。





まずは大動脈の道路の復旧と一刻も早いガソリンの供給を!
応援のぽちっをお願いします!

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-03-20 13:15 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
<< 頭痛のタネは灯油と失言? 東北関東大震災から一週間 >>