<< 雨水と啓蟄が同時にやってくる日 はちみつ生姜レモン >>
春の嵐
三日間の家籠もりが続くと、ほぼ就寝は9時、起床は7時という生活パターンが定着する。
とはいっても、夜の9時から翌朝7時までずっと眠り続けているわけではない。(そういう日もあるが)
夕方の4時から5時のバスタイム同様、9時からベッドで読書タイム。

そうなのだ、お風呂には電灯を点ける必要のない時間に入る。
そしてお風呂のフタの上に、コップ一杯の水と乾いたタオルを置き、半身浴で読書をする。
こうすると、かるく一時間は経ってしまう。
ただ気を付けないといけないのは、ついつい読むことを中断できずにいると、ふらりと立ちくらみがすること。

独りで素っ裸で風呂場に倒れたら・・・・・・・、その後はどうなるのだ?
最悪あちら側へお国替えした場合、こちらの世では発見されるまでスッパで倒れたまま。
発見された時も当然スッパのまま。
いくらなんでも、それは勘弁願いたい。・・・・・・・

かと言って、意識が戻って倒れた自分に気がつく、というのもなんとなく惨め。
どこかをぶつけていたりなんかすると、その部分が痛かったりするだろうし、スッパだから寒いだろうし。
これまたいい事など何もない。

ということで、風呂場で倒れることはどーしても避けたい。




話は逸れたが、昨晩も9時にベッドに入ったまでは良かったが、夜中目が覚めた。
携帯電話は“0:38”と表示していた!
(まだ12時半!)

ガッカリして再び寝ようとするも、なんだかすぐに寝付けない。
“もう睡眠はたっぷり!”
と体が言っているような気がする。
あるのだ、そういうことが、たまに。・・・・・・


ウトウトし始めた時、今度は強い風と雨の音で目が覚めた。
(ああ・・・・・、雨漏り・・・・・!)
ボロい家だから、強風の時は本気で屋根が飛ばないように、と祈る。
それに加えての雨漏りだから、月々のやり繰りが成立しない時と同様の恐怖に包まれる。(この頃じゃ成立しないことが常だから、なんとなく慣れてきたが。)
それでも雨漏りについては、今年の梅雨や台風はどんなふうだろうか・・・・・・などと考えるも、屋根の現状維持は望めず、当然悪くなる一方だけど、自分の力ではどうにもならない。

(いいや、なるようになれ・・・・・・。)
結局、毎回同じところに落ち着く。


あれやこれやと考えを巡らせている内に夢を見ていたから、どうやら眠っていたらしい。
5時半の美輪さまアラームとともに、サッと起き上がった。
(これ以上横たわっていても仕方がない!)

というわけで、7時には洗濯も朝食も済ませ、パソコンなどを開いているわけだ。



この雨は午前中で上がるらしい。
もっとサッサとあがらんかい! せっかくブローした髪が乱れるばい!
苦々しく思いながら、江戸へ行く仕度にとりかかる。


おっと、このままではオチもなく、何だか後味も悪いので、数日前に写した梅の写真を乗せておく。
d0046294_7414895.jpg

今年もいっぱい実をつけておくれ・・・・・・。
樹を見上げて、そっと言い聞かせる日々。




なんでも人生、うめぇ~具合にばかりは進むまい。・・・・・
けど、応援のぽちっをお願いするバイ(梅)。(--;) チト、クルシイバイ…

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-02-18 08:03 | ■とりあえず日記
<< 雨水と啓蟄が同時にやってくる日 はちみつ生姜レモン >>