<< いきなりの嘔吐・・・ そろりそろりと近づいて・・・・・ >>
やっと一山、噴火の時
やりましたよ! ついに、やりました!


    とうとう、とうとう、とうとう!


         やっちゃった・・・・・・・     た・き・び~♪





※クリックすると大きくないます! あまり大きくする必要もないけど。(笑)
d0046294_17141872.jpg

焚火といってもね、火がボーボーと燃えるわけではないのですよ。

あ、最初は火柱がボーっと立って、ちょっと内心ドキハラなんですがね、
火の上にどんどんどんどん枯れ葉や草を乗せて行って、その上に(もしあったら)生乾きの草や今抜いたばかりの草などを乗せて、それでも火の勢いが強い時には、周囲の土を少しずつかけていくのですわ。

映画の早回しのような動きで、そりゃあもう、
(あたしって、まだこんなに動ける・・・・・!)
と感動もんです。


手前の土が黒いのは、最初ここで燃やし始めていたということなのです。
ところが、しばらく経つと炎が出てくる、その炎の上に、下の方にある枯れ草を掘り出すようにして上から被せる、ということを繰り返していたら、いつの間にやら焚火の中心が移動していったというわけです。

ある程度、落ち着いた所で家に入り、この煙を眺めながら発泡酒などを飲んでいると、まるで活火山の噴火を眺めているような気分になります。
本来なら、庭で遊んだ後はすぐにお風呂に入れるようにと点火してから外に出るのですが、今日はうっかりハチベエで忘れてしまいました。でも焚火をした時は、忘れた頃に火柱がボーっと立ちあがることがあり、・・・・・



      あっ!  ほら、ほら、ほら、ほら~っ!!!
d0046294_1733668.jpg


               あーびっくりしたなぁ、もう~・・・・・・。




家の中から慌てて写したのでピンぼけてますが、こうして火が出るので安心しきってビールを飲んでるわけにはいかないのです。(とエラソーに言うけど、結構安心して飲んでますけどね)(^_^;)

ということもあって、焚火をするなら朝がいいのですが、どーしても早朝は起きられない。
たとえ起きても、まだ暗いし・・・・・・・・。


それでも、日の出が少しずつ早くなっていることは実感しますねぇ。
6時になると空が少し白みかけていることを知り、これからはどんどん明るさが増していくのだなぁ、と思うと
それだけで意味のないワクワク感が私の中にあって、なにやら不思議に感じるのです。



  明日の朝、もう一山、燃やしたいなぁ。・・・・・・・






一日一山・・・・・、千里の道も一歩から・・・・・、でも三歩進んで二歩さがる・・・・・・あれ?(・.・;) ナニ、言ッテンダ・・・・? こんな私ですが、応援のぽちっをお願い致しやす。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-01-22 17:55 | ■家庭菜園
<< いきなりの嘔吐・・・ そろりそろりと近づいて・・・・・ >>