<< 安納芋で干し芋づくり なんとなく早起き >>
ジャスミン棚
今日はなんだか暖かく、先ほどまで机の上の温度計は16℃と表示されておりました。
それでも起床時間はいつも通り、二度目の目覚めで7時半でございましたわ。
オレンジ色の朝陽を顔に浴びながら、なんともいえない幸福感に包まれて目覚めたわけでございますが、
なにゆえに罪悪感が同居するのでございましょう・・・・・・・・。

(どーにか幸福感だけに出来ないもんかね・・・・・・・)
これが今の私の課題、の一つでございます。




さてさて、習慣で台所のファンヒーターはつけましたが(禊ぎの後は寒いし)、コーヒーを淹れたり、鍋を温め直したり、ご飯を炊いたりしながらふと庭に目が行った時、やっぱりジャスミンが気になりました。
d0046294_14323517.jpg

“やっぱり”というのは、すでに何日も前から、いやいや一カ月ぐらい前から気になっていたのに放置していたから、目にするたびに、サビのように心に残るわけです。

そのサビが徐々に増えてきて、“我慢できない!”ぐらいになると体が動く、という気がします。
(あらら・・・・・、まるで花粉症のようやなぁ・・・・・・・・。)
コップにいっぱいになると溢れ出す水のように花粉症が発生する、という例えのことですわよ。


話は戻りますけど、お日さまが照っているせいか私はなんだか元気で、サンダルをつっかけて庭に出てみました。
(ああ、気持ちいい・・・・・・。久方ぶりの庭だぁ・・・・・・・。)

これで決まりです。
家の中のストーブを
(なんで点けてるんだ?!)
と、まるで夏にストーブを点けているかのように心の中で抗議をしながら(誰に?)消して、洗濯物と布団をさっさと干し終わると、再びサンダルをつっかけて、金柑の木の下に置きっぱなしにしておいた脚立をジャスミンの所まで運びました。


本当は“ジャスミン棚”などではなくて、ビニールハウスの骨組みなのですが、私一人ではバラスこともできず、特にバラス必要もないのでこのままにしていました。ここに、ジャスミンを絡ませようとしているわけです。

ジャスミンはどんどん脇芽が伸びて蔓になり、その蔓が他の蔓と絡みついて途方もない束になります。
適度に剪定を細かく行っていくことで、風通しも良くなり、たくさんの花が無駄なく咲けるという気がします。
なるべく人間の手を入れず、大自然の姿のままに植物を生かしたいと思う私は、
(どうしても剪定が苦手なんだよなぁ・・・・・・・)
なんて考えながら作業していたら、なんなく終わっていました。
d0046294_14465899.jpg

どう? どう~? 
ぼろきれがドヨ~ンとぶら下っているみたいだったけど、なんだかサッパリしたじゃないのぉ~♪


あとは・・・・・・・、あちこちに小さく積み上げてある枯れ草を燃やすだけです。
でも今日は焚火はしません。
もう皆、起きてしまっているから・・・・・。

                   ・・・って、おいおい、いつになるんだい? ・・・・・焚火。(^_^;)





太陽が出ているだけで“ご褒美”を貰ったような気になるわぁ~。\(^o^)/ と言いながら、皆さんもご褒美のぽちっをお願いね。(^_-)-*
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-01-18 15:15 | ■とりあえず日記
<< 安納芋で干し芋づくり なんとなく早起き >>