<< やばい・・・・・・・ 万両猫’ず >>
炊飯器が・・・・・・!
この炊飯器は一体わが家で何年ご奉公しているのだ?・・・・・・
私がこの家に戻って来る前から、ではないか?・・・・・・

とにかく、おナカさんが岩手に移住した後は、私が引き継いでいる。
人間も昔の人の方が丈夫だと言われるけど、この炊飯器もアンティークになりつつありながら健気に頑張っている。
d0046294_83929100.jpg

こうして炊飯中の水蒸気が出ている姿を見ると、ほんとにホッとするのよ。
というのは、この頃ご老体のせいか時々仮死状態になるから。

スイッチを入れて炊飯を始め、時々ふと見ると“炊飯”の赤い電気が消えていることがある。
どうやら電気の接触が悪いらしく、コンセントを差し込んだ時の微妙な加減で止まるらしい。・・・・・・
つまり、炊飯の途中で休憩してしまうのよ。

    はぁ~・・・・・・


思えば、この炊飯器だって若い頃、・・・・いやいや、そんなに若くなくなってからも、私の無理な要求によく応えて働いてくれたわ。

ある時なんて、
炊飯器でバナナケーキを作ろう!」
なんて思いついて、この炊飯器で作ったはいいけど・・・・・・・。
笑われながらも大変な苦労をして・・・・・・、でも今となっちゃいい思い出。・・・・ ぷっ!


今では何十万もするような炊飯器も出てきたし、お釜や機能が凄いレベルアップしている。
同じ新米を炊いても全然炊きあがりが違うから、お米のことを考えてあげると炊飯器を買い替えた方がいいのは百も承知なんだけど・・・・・・・・。

おカネがないこともあるけど、まだ動いている物を捨てるっていう気になれないのが私。
出来れば、同じメーカーで新製品を発売する時に、
「以前の製品に、これをプラスすれば同じような結果になりますよ」
という新機能の附属品を作ってもらいたいのですよ、物を大切にするユーザーとしては。

ところが、利益を出すためにゴミを増やしても新製品を売ろう、という消費構造の社会だからシャーナイ・・・・。
物を大切にする気持ちは無くなるし、安かろう良かろうになるし、モラルは下がるし、人間も劣化するし。



あらあらあら・・・・・・・、嘆いても仕方ないことを嘆いちゃったわ。


ま、この炊飯器にとっては長く使われることが喜び、
と私の独断だけど、これからも動かなくなるまでご奉公していただこうと思うので、
「ガンバッテおくれなまし」。




これからも炊飯器が元気に動いてくれるように、応援のぽちっをお願いね~!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-01-06 09:14 | ■とりあえず日記
<< やばい・・・・・・・ 万両猫’ず >>