<< きんかんの話 気が満ちる・・・・・・ >>
花を飾る
スコットランドにいた頃、道端や野の花を飾ることは日常だった。
ところが、10年以上も日本から出ずに住み続けていると、花を飾るという行為の裏側に“花を買わねばならない”という感覚が巣食ってしまったようだ。


おナカさんが三年間ゴネた後岩手に移り住み、その後私が初めて訪れた時、玄関や洗面所など家のちょっとした所に、アザミなどの野の花が飾ってあった。
「おかぁーさん、洒落てるじゃないのぉ!」
と誉めたたえると、
「それはさぁ! 影響を受けたんだよっ!」

つまり、私がジャガイモの花を飾ったり、道端の花を摘んできては飾っていたことが頭に残っているという。
「お母さんがさぁ~、クックを連れて散歩しながら花を摘んでいるから、“白い犬を連れた人が花を摘んでる”って有名なんだよっ!」
二人で大笑いしてしまったが、“いい影響だよ”というおナカさんを見て私も嬉しかった。

さて、それなのに当の私がすっかりその感覚を失いかけていた。
もっともハーブは花が散りやすいというのもあり、花が散ったら掃除をしなければならないというのもあり、それならそのまま咲かせておいた方がいいだろうという、結局なまけの法則にどっぷり浸かっていたわけだ。

けれど、今回
「少しずつ摘んで花を飾れそう・・・・」
のコメントをいただき、改めてわが庭を眺め周し、そうかぁ・・・・・そうだよなぁ・・・・・生活に花が無いとなぁ。
ということで、庭に出て少しずつ花を摘んで飾るつもりだったのに、ちょっと摘み過ぎてしまった感が・・・・・。
d0046294_1335367.jpg

キッチンのテーブルに飾ってみた。

でも花はまだ余っている。・・・・・・・ それも茎の短い花が。
だからソファの横にある小さなテーブルにも飾った。
d0046294_13364575.jpg

すると、あれ~! セージを忘れていた。
このセージというハーブは、肉料理などに良いそうだが、もともとあまり肉を食さない私は未だ有効利用をしていない。
これは背丈が1メートル以上になるものもあり、畑の向こう側でゆ~らゆ~らと揺れている。
その中で、倒れかけている1本をちょん切ってきたのだ。
小さな花はサイドテーブルに置いた花にも差し込んだが、大きな花は別の花瓶にした。
d0046294_13433869.jpg

キッチンの出窓の角っこにミントと一緒に置くと、なんとなく納まった感じ。


雨漏りやら床のきしみやらで、なんとなくこの家では私の思い描く生活ができないと諦めている感があって、
花を飾ることさえも遠のけていたことに気付いた。

いいじゃないか、ボロい家に花があったって。・・・・・・・・





もう一度、フィンドホーン(スコットランド)にいた頃の感覚を呼び戻さないとな・・・・・・・。






団子もいいけど花もいい・・・・・と改めて感じている私に、今日も応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-11-14 13:54 | ■とりあえず日記 | Comments(8)
Commented by 銀の小鈴 at 2010-11-14 15:33 x
こんにちは!
来てしまいました。

すごく素敵。
さりげなくお花をあしらうなんて心憎い!
Commented by tengtian60 at 2010-11-14 21:29
こんばんは!^^

先ほど仙台から戻りました。
自分のルーツが気になっていましたが少し解決しました。^^
もしも、今年の暮れにお会いできることが会ったらお話しますね。

その辺のお花、オシャレですね!!
時々私のブログに登場する七戸の山の中の喫茶店「ひまわり」さんも
このようにさりげなく身近に咲いているお花を飾っています。
それが何ともステキなのです。

*柚子、昨日松戸方面から林檎箱にいっぱい届きました!^^V
夕べは家中に柚子の香りを漂わせながら柚子ジャムを作りました。
仙台へも運んでもまだ山盛り残っています。
明日はどなたかにおすそ分けしましょう。^^(笑)
Commented by トマコ at 2010-11-14 23:44 x
うわ~♪ 素敵ですね~
野の花や庭で咲いた花を、さりげなく活ける・・・
私も毎日の様にそうしたいと思っていたのに、最近はしてなかったな~
畑に咲く野草を、刈られてしまう前には摘んでくるんだけど
この時期はお花も少なくて、畑も寂しい感じです。
お庭でこんなに豪華にお花が揃うなんて、裏山し花~(^^)
家の中にお花があると、元気をもらえるし明るくなりますね♪

最後の花器がいいなぁ~って思って、最初のはどんなんだった?
って戻ったら、最後のしか写ってなかった~^^;
空き瓶にでも何でも、ちょっと活ければいいんだけど
気に入った花器だと、またちょっと嬉しさが増す気がします♪
Commented by sacchila at 2010-11-15 00:22 x
フランスの家庭も、よく庭や道端の花を家に飾ってます。すごいいい習慣だなぁーと。そういう生活が送りたいですが、今の暮らしは花は買うことしかできず、そんな余裕も自分にない状態で・・・で、先日母が、香港来た時に、家に緑がない!と言って、緑の鉢植え二つ買ってくれたのですが、さっそく一つ枯らしたバカな娘ですよ(汗)
こんなにも可愛い花が 咲き乱れてるお庭があるなんて ほんと羨ましいです!! 私ももうちょっと自分に余裕ができたら 買ってでも家にお花を飾りたいのですけど・・・
ミントとセージの花の組み合わせ、ハーブ同士で特に素敵!!
Commented by anrianan at 2010-11-15 10:47
★銀の小鈴さま、
まぁ! 忙しい中、どうもありがとう~!
ちょうど花を飾った写真でよかったです。(笑)
お花はやっぱり気持ちを和ませてくれますねぇ。・・・・
ヨーロッパの人たちは、こんなふうにちょっとお花を飾るのが普通なんですよ。
日本でも一輪ざしで床の間に飾ったりするけど、かしこまった感じがして。・・・・・
ウチにはこの方がいいかなぁ。・・・・・・・(笑)
Commented by anrianan at 2010-11-15 11:00
★tengtianさま、
ほぉ~、ルーツをたどったのですね。(笑)
私も6-7年前に家系図を作成するために、いっときあれこれ調査しました。
初めて会う親戚がいたり、知らなかった話を聞いたり、小説を読むように面白かったです。

日本でも生け花とかありますけど、なんとなく日常的習慣とは違うようなきがしますね。・・・・・
ヨーロッパでは窓辺に花があったり、家の中にもちょっと飾ってあったり、それが普通なんですね。
以前は私にも、ちょっとだけ習慣づいていたようで、それを母が真似しているようですが、私は貧困に押し潰されないように、気持ちを明るくするだけで精いっぱいになってしまい、すっかりこういうことを忘れていました。・・・・・習慣になっていなかったというか、感覚が日本人に戻ってしまったというか。・・・・・
日本に居ながらにしてヨーロッパに住んでいるような生活、がモットーですが、結構難しい。・・・・・・
人間って頭で分かっているつもりになっても、なかなか生活の中で実践するって出来ないもんですね。・・・・
リンゴ箱一杯の柚子ですか! tengさまは色々たくさんの贈り物があっていいですね~!(笑)
Commented by anrianan at 2010-11-15 11:08
★トマコさま、
ほんとにお花は心が豊かになるというか、貧困を忘れると言うか・・・・・。(笑)
トマコさんのところにはラベンダーが咲いているんですよね。
ウチではシソの影になってほとんど枯れていました。(:_;)
なんとか復活してくれることを祈っているのですが・・・・・・。
私もヨーロッパ在住の方に、ちょっとずつ摘んで飾れそう・・・・とコメントいただいて、「そうだった!」なんて感じでした。(^_^;) なんか、すっかり感覚が日本での生活に埋没してしまっていたなぁ・・・・なんて感じます。
花瓶はいくつかあるのですが、今回はアロマポット用の透明な容器に飾っています。
最後の花瓶は、もう10年以上も前に一緒に働いていた後輩がお誕生日にくれたもの。
当時彼女は大学生でおカネがないのに、これを買ってくれたんですよ。
安価な物だけど、その中でちょっとオシャレなこの花瓶を選んで、遠慮がちにくれたことが忘れられません。
Commented by anrianan at 2010-11-15 11:22
★sacchilaさま、
ほんと! ヨーロッパの人たちって悠久の歴史を持っているだけあって、感性が成熟しているというか、霊格が一段上というか・・・・、そんな印象です。
sacchilaさんは今子育てという貴重な体験中だけど、いずれヨーロッパの素晴らしい所を自然に身に付けて行く人だろうなぁ、と思っています。見た目はモデルさんみたいで食べ歩きやオシャレな物を探す現代風な女性なのに、意外にも手仕事や料理が好きで、古き良き時代に郷愁を感じるみたいな古風な所を感じるから。(笑)
そうですかぁ、お母さまが植物を買ってくれたんですね。その一つが・・・・あらら・・・・。(笑)
でも仕方ないですよ、今は植物よりも数倍手のかかるアルノ坊やに愛情を注がないと。
私は一人の時間がたっぷりあるのに・・・・・心に余裕がないなぁ、と反省しました。
これからまたパンツのゴムを締め直して(?)、再び花のある生活にしないと。(笑)
<< きんかんの話 気が満ちる・・・・・・ >>