<< おナカさん、帰る・・・・・・ 朝9時 → 夜7時 >>
おナカさん滞在中・・・・
ふ~っ・・・・・・・

やっとパソコンに向かうことが出来ています。
(※と書き始めているのは、10月20日(水)の午後です、実は。)


17日(日曜)の3時半過ぎ、待望(?!)のおナカさん(母)がやって来ました。
とにかくよくしゃべり、よく動き、よく笑っているおナカさんは先天性楽天家で、その楽天度は年々高まっています。

岩手に移住してすでに10年。
引っ越した当初はこちらを懐かしみ、年に2-3回はやってきましたが、この頃はクック(わんこ)が居ることもあり、あちらの生活にも慣れ、友だちも増え、すっかり訪れる回数が減りました。


到着までビールを飲まずに待っていた私は、早速作っておいたポテトサラダやつまみをテーブルに並べ、さっそく歓迎会の準備に入りました。
「こりゃあ~・・・・・・・、(片付いていない家の中や周辺に不満げな様子)。 裏の物置なんとかしなくちゃ。 ・・・・・二階のボール箱、潰してあげるからっ! ・・・・・あの庭の隅に・・・・あれこれあれこれ・・・・・・
との前置きが始まったと思ったら、
「お母さんさぁ! お昼食べ損ねちゃって・・・・・新幹線で“サンドイッチありますか?”って聞いたら“ない”って言うんだもん。 もうさぁ・・・・・、お腹が空いて空いて・・・・・・・」
と話題が急転換。

「分かった! とりあえず食べようよ。私もビール我慢してたし」
「じゃ、食べちゃうか♪」
ということで、4時ごろから宴会です。

「ウチで採れた“なめこ”」
と言って持ってきてくれたなめこがデカクてビックリ!
d0046294_14253364.jpg

「これ、なめこ?!」
「なめこ!」
「こんなに大きいの~?!」
「そぉ~なんだよ!」

あのちっちゃななめこしか見たことがない私は、とにかく見るたびに感動します。



お互いひとしきりしゃべりにしゃべって食べに食べて、あっという間に7時近くになり、お風呂に入ってテレビを見て、10時頃にはそれぞれのベッドへ。
「あ~っ♪ 気持ちいい~!」
とおナカさんはベッドにもぐり込んでいました。



翌朝6時のタイマーで目ざめた私の耳に、階下からおナカさんが活動を開始した気配が。・・・・・・
(もっと寝ていたいけど、“家事はさせないコンセプト”だから、ご飯の用意をしなくちゃな・・・・)
としぶしぶ起き出し、いつも通りの水浴びと洗濯に加えて朝食の用意。

その日の朝はハムエッグとパン、キャベツの千切り少々、具たくさん味噌汁、食後のカフェオレというメニュー。
一人の時はカフェオレとパン一枚で済ましてしまうところ、ほんの少し格好つけの副菜がもの凄く大変に感じます。
(ああ・・・・、一人の気楽さってこういうことね・・・・・・)
なんて改めて感じながら作ったのに、
「ああ゙・・・、お腹一杯! 食べ過ぎた! ああ、苦しい~!」
とおナカさん。
「え~?! だっていつも私よりお母さん、食べるじゃ」
と言えば、
「こ~んなに食べないもん、いつも」
なんて、いかにも小食のようなことをいう。
「え~っ?! だって一日三食食べてるじゃ~! その合間には色々つまんでるじゃ~!」
え~?・・・・・そんなことないよぉ・・・・・・、と得意のおとぼけ。
ま、どっちでもいいけどさ。


さて、おナカさんネタはどんどん増えるばかりですが、とりあえずは一夜明けた月曜の朝、6時から7時の間に、見事積み上がっていくばかりの段ボール部屋が、一気に片付きました。
d0046294_14505191.jpg

9月17日の状態はこちら。 これよりもさらに箱は増えていましたけど・・・・・。)

「今日さっ! 廃品回収なの?」
「そう。 でも慌てなくていいよ。次の回収の日にまとめてくれた段ボールを出すから」
と言っておいたのですが、どうやら作業を開始する時に“出してしまおう”と決めていたようで、朝食の直前に
「お母さん、持って行っちゃうから!」
と“出しちゃう宣言”。

なんだよぉ・・・・・、じゃ、私も運ばなくちゃいけないじゃん・・・・、と思いながらも、
「じゃ、私も持っていくから。・・・・・・ もうご飯食べられるからね!」
あったかい内に食べて貰いたいと思うから、少々イラっとしながらサッサと玄関に向かう。

「今日出しちゃえば、すっきりするじゃ~♪ お母さん、これ1個持っていくから」
と段ボールをまとめた大きな一束を手にする。
「じゃ、私がこの3つを持ってけ、ってことね?!」
と私が横目でジロリと眺めると、
「ぶふふふ・・・・・(出た! 得意のごまかし笑い!)、だって、これ(おナカさんが手にしている束)、大きくて持ち憎いからさ、お母さんが持ってあげるよ」
「・・・・・・私、3つも持てないよ。 か弱いんだから・・・・・」
「だ~いじょうぶっ!」
「・・・・・・・・」

暖かいみそ汁を飲んでもらうためには、とにかく早く持って行かなければならないから、これ以上相手をしているとキリがない、とばかりに私は黙々と3つの束を運んで行きましたさ。・・・・・・
そしてようやく目的を遂行したおナカさんは、気分スッキリという感じで席についたのでした。



そして、翌日(火)の朝飯前作業は、
「お母さん、脇の笹を切っちゃうから!」宣言。
家の脇に笹が生えているのですが、垣根のように止めておいた棒が倒れたり抜けたりしたままなので、伸びた笹がぼうぼうになり、通り抜けるには掻き分けて行かねばならぬほどの状態でした。
これらの笹を“切っちゃうからっ!”という訳です。

「でもさぁ、切っちゃうと裏の家がすけすけに見えちゃうんだよ」
目隠しのつもりで垣根にしていたので、そう言いました。
「じゃぁ・・・・・・・、なんかで押さえればいいんだな。・・・・・・ 紐かなんかある?」
「紐あるよ」
鋏と一緒に紐の束を渡すと、張り切って外に出ていきました。

「お母さん、ご飯食べられるよ~!」
と呼ぶと、
「あ~っ♪ ちょうど1時間だな!」
と清々しさ一杯で戻ってきたおナカさん。
d0046294_1064349.jpg

「おぉ~! 通れるようになってる!」
と驚く私の顔を見て、
「どーだいっ!」
とおナカさんは満足そうな顔。
(へぃへぃ、あっしはかないませんぜ・・・・・・)


水曜日の朝飯前作業は、恒例の草むしり。
コンポストの周囲が見事にきれいサッパリ! ・・・・・・青紫蘇も無くなっていました。・・・・・
「あの大きな青紫蘇、抜いちゃったの~?!」
「だ~いじょうぶ! 他にもあんなにあるじゃ!」
そりゃあ他にもあるんだけどさぁ・・・・・・、そこに生えていたのは大きくて枝振りが良かったんだよなぁ・・・・・。
後悔しても後の祭り、いつものことなのです。
d0046294_107378.jpg


とにかくジッとして座っていられないおナカさんは、時間を見つけてはミカン狩りも楽しんでいました。雨の中でも・・・・。
d0046294_1457244.jpg

青くても甘いミカンもあり、木にぶら下がったまま一部が傷んでいるものもあります。
「家(岩手)に送るから! ・・・・お父さん、ウチのミカンは味が濃くて美味しいって言うんだよ」
「いいよ、好きなだけ送って」
ほぼ、食事の前になると
「ご飯のあと食べる分を採ってくるから・・・・・」
と言ってミカンの木の下に立っています。

おいおい、ご飯のあと、そんなにたべるのかい??
というくらいに抱えてくるのですよ。 毎回。



おもしろネタ満載のおナカさんは、居れば居るほどネタが増えていきます。
とりあえず、本日は大雑把な「おナカさん滞在記」でした。





明日はおナカさんが帰る日! サビシイ~!! 泣かないように応援のポチッをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-10-21 10:10 | ■とりあえず日記
<< おナカさん、帰る・・・・・・ 朝9時 → 夜7時 >>