<< 藪の中のトマト ア、チョ~ッ!! >>
ラルフローレンと羽毛枕
電車に友だちと乗っていた。
ぎゅうぎゅうという訳ではないが、ほぼ満席で二人で座れなさそうな気配。
周囲の乗客は、まるで遠足にいく学生のようで、リュックなどを抱えて盛んにおしゃべりをしている。
その内に、ふと目の前に空席を2つ見つけ、友だちと二人で青いシートにホッと座り込んだ。

ギィ~・・・・・・!

ドアが空くような音が耳元でした、ような気がした。
途端に現実に目が覚めた。そう、夢を見ていたのだ。
そして即座に僅かな緊張を体に感じながら、階下に耳をすませていた。
(ウチの玄関ではないなぁ・・・・・・)

コト、コト・・・・・・・、ガチャッ・・・・・。

この頃になって、ようやく隣家の玄関から人が出て行ったのだと判明。
ホッとすると同時に、今日はやけに音が響くと驚いた。

時計を見ると4:17。

この時間帯に時々出掛けていく隣人、仕事に行くのだと納得して、さぁもう一度寝よう、と思うが目が冴えて眠れなくなってしまった。
(えぇーい! 今起きてしまおう!)
d0046294_1216940.jpgとベッドを出た。
夜明け前の薄白い空を見て、日の出が遅くなった事を感じる。



そんなわけで、空がすっかり明るくなって洗濯も終わる7時ごろになると、眠くなってきた。
(ちょっと一休みしよ)
まだ“一休み”するほど何もしていないのに、ソファーに寝っ転がって本を読み始めると、案の定、昼寝ならぬ朝寝。(?)
で、いつも通り(!)8時ごろのぎらぎら太陽の中、不快なじっとり汗を感じながら二度目の起床。
(あたしゃ、何をやってんだか・・・・・・)


布団を干しながら、羽毛枕の角っこの布が破れて、そこから羽毛が出てきているのを発見する。
いやいや、大分前から気付いていたのだ、実は。
でもお裁縫は「面倒臭い」が先に立って、なかなか手につかないでいた。
しかし羽毛がどんどん出てくるし、この枕はアメリカで買ってきた思い出の品で、しかもその時一番高い枕だったから、ほぼ一生使うつもりでいる。
ということは、修繕しなければならない、ということなのだ・・・・・・。


右上の写真は、ラルフローレンの枕カバーを使っていた頃のベッド。
ここが私の一番のお気に入りの場所で、布団を取り込んでベッドメーキングをしている時から、
(早くここに寝る時間がこないかなぁ~)
と、毎回飽きずに、ワクワクする。

当時一緒に購入してずっと使い続けてきたラルフローレンのシーツは、体が当たる所は生地が薄くなって擦り切れてしまったが、端の方はしっかりしており、これも好きで買った物だから未だに捨てられない。
シーツとして使えなくなった後は、枕カバーの擦り切れた所に当て布として使った。
d0046294_1284971.jpg

この枕カバーもとうとうダメになり、それでも好きな柄で捨てたくない。
そして、このように羽毛枕に当て布にすることにした。

d0046294_1225538.jpg最近では、カギ裂きやセーターの虫食いなども直せる“糊つきテープ”が売られている。
ずっと前から欲しいと思いながら、そちらにカネを回せない私は手縫いをするしかない。昔のカーサンたちのように。

かぁ~さんがぁ~ 夜なべ~をして~♪

歌が頭の中で鳴りだした。

ごめんよ・・・・・、母さんには出来ないよ。・・・・・・


私が母さんになれたとしても、夜なべは出来ないなぁ・・・・・・。
昔のおナカさん(母)が手縫いをしていた姿を思い出しながら、、ひたすらちくちくと忍耐。

d0046294_1231538.jpg
ま、それでも、どうにかこうにか、こんな感じに仕上がった。

1か所ならず3か所も縫わなきゃならないなんて!・・・・・・



はぁ~、しんど・・・・・。



でも、これで羽毛が飛んでいく心配をしなくてすむぞ♪





なぜか日本では、これほど気に入る柄の布地が見つからない。ま、見つからない方が欲しくならないからいいけど・・・・・という私に、今日も応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング

<追記>今朝は26位をマーク! ひょぉ~! と喜んでいたら、ただ今27位。 ふ・・・・む・・・・・・(-_-;) ハゲシイ…

<追記2/15:36現在> やったー! 25位! 新記録を出すのって、こーゆー気持ちなのね。(*^。^*)ウレシスギ・・・
by anrianan | 2010-08-25 12:56 | ■とりあえず日記
<< 藪の中のトマト ア、チョ~ッ!! >>