<< あちぃ~! ピーマンが採れた! >>
おばけエビ~!
d0046294_1311385.jpg

おばけエビというのは、「アルテミア・サリーナ」(別名ブラインシュリンプ)といって、全長約1cm、北アメリカや中国の塩田や塩湖に生息する小さな甲殻類です。

d0046294_857443.jpg
この卵は、シソのタネといってもいいくらいに、吹けば飛ぶような“砂粒”そのもの。

実はこれは乾燥したもので、休眠状態なのだそうです。
そして、このままの状態で10年も生きると言われます。

ところが、塩水に浸けると眠りから覚めて赤ちゃんが生まれ、脱皮を繰り返して成長をするのだそうです。

そして、わずか20日間で大人に! 
(海のはつか大根やぁ~!)





d0046294_1312782.jpg

脚は11対で22本。(イイ夫婦になれます、…ウソです)

複眼2つと単眼1つの3つ目小僧。(いや、エビです)

お化けのような顔だから「おばけエビ」という
いやはや、なんとも単純な話。

雄は大きな触覚を持ち、雌は持たないそうですが、
20日後1cmほどの大人に成長した暁には、
その違いを肉眼で確認することはできるのでしょうか?






いずれにしても、ほんとにエビに孵るのかどうか、好奇心をくすぐられて卵を少し分けてもらいました。
d0046294_13122174.jpg

“卵を塩水に入れると2-3日で赤ちゃんが生まれる” と説明書きにはあったから、予定日は今日だったのですが、
なんと、早産?!  昨日の朝、水の中をジッと眺めたら、なにやらゴミが泳いでいるではありませんか!

d0046294_1313448.jpg
いやぁ、母(?)としては慌てました。
すっかり、
「餌は明日までに用意しておけばいいや・・・・」
なんてのんびり構えていたものですから、もう生まれちゃったとなると、
(餌! 餌、餌、餌っ!・・・・・・・)
確か、きなこがあったはず・・・・と探すも出てきません。
(あれ? おかしいなぁ・・・・・・確かあったんだよなぁ・・・・・・)
出掛ける前にアタフタと、戸棚を開け、冷蔵庫の引き出しをかき回し、あっちの箱こっちの箱と探して、ようやく見っけ!

       “焦がし きなこ・・・・・!”

d0046294_13151327.jpg

いきなり“焦がした”きなこなんてやって、大丈夫かぁ?

大雑把で横着な私なのに、妙なところに拘ったりして。
とりあえず、ちいさな器に少しだして、それを説明書きに従ってすり潰しました。
(注:餌は、ドライイースト、きなこ、金魚のえさ、だそうです)

しかしねぇ、
きなこを「すり潰す」ってったって、・・・・・ちっともすり潰し甲斐がないやね。
もともと“粉”なんだからさぁ。

ということで、人差し指と親指でパラパラと、なるべく一粉一粉がばらばらになるように(?)振り入れましたが、あまりパラパラになってないような・・・・・。
(ま、気持ちよね、気持ち)


よ~く目を凝らして見ても、一瞬何もいないように見えるほど小さいエビたちは、おたまじゃくしのように尻尾(?)と細かい産毛のような両脚を動かしながら、水中をちょこちょこと泳ぎ回っています。

ペットボトルの下の方で動き回っているエビもいれば、水面に上がって来て、表面に浮いているきなこを下から突いている(ように見える)エビもいるではありませんか!

    おぉ・・・・! なにやら感動する。・・・・・・



予定では、月末には大人になっているはずのエビたち。
順調にいけば卵を産んで、その卵がかえり、このペットボトルの中では北米か中国の塩湖が再現されるわけです。

しかし、説明書きに書いてあるのを発見してしまいました。
“赤ちゃんはたくさん生まれますが、大人になれるのは数匹です。”


ああ、またもや「希望」と「失望」を味わうことになるのでしょうか・・・・・・・・。

  ほんとに、人生ってもんは希望と失望の繰り返しやねぇ・・・・・・。





たくさんの大人おばけエビになるように、
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-07-22 14:08 | ■とりあえず日記 | Comments(10)
Commented by しゅうげん at 2010-07-22 14:46 x
このエビ、食用?(笑) 応援の「ポチッ」!

八戸が連日30度です!
暑くて患者さんが来ません!(爆)
Commented by anrianan at 2010-07-22 14:52
★しゅうげんさま、
早速のお越し、ありがとうございます。(笑)

東北が30℃というのは、冬の寒さを知っている私には驚く以外にありません。
そりゃあ・・・・・、外を歩くだけで体調を壊しそうですもんね。(^_^;)
私も江戸に仕事で出るたびに、ぐったりと疲れて帰ってきます。
あ、このエビ、食用ではないけど、食べようと思えば・・・・・・・?!(笑)
Commented by らんせ at 2010-07-22 15:28 x
 あっ、学研の科学・飼育セットに付いていたやつだ。(笑)昔はカブトエビでシーモンキーなんて呼ばれていました。今はこのエビなんですよね。キナコをすりつぶすというのは、このままではまだ餌として大きいからじゃないでしょうか?
Commented by anrianan at 2010-07-22 19:58
★らんせさま、
うっ! 学研かどうかは知らないのですが、確かに小学生用の飼育セットみたいでした。(^_^;) (さすがオマケ博士(?)のらんせさま)(笑)  きなこをすり潰したら、すり潰し棒にハンバークのようにペッタリとくっつき、とても細かくなっているようには見えないんですよねぇ。・・・・ 今日もまだ生存していますけど、大人になるのが少ないんですって。・・・・ これから数が減っていく恐怖の日々になりそうです。・・・・・
Commented by トマオ at 2010-07-22 21:52 x
不思議な生物がいるもんですね。
私には未知との遭遇でエイリアンのように見えますが
育てると大きくなって鋭利やんな歯で噛みつかれたりして・・・ぎゃ~

Commented by tengtian60 at 2010-07-23 07:11
おはようございます!^^

夕べチビッコが一人旅して来ました。^^
ハプニングもあったようですが、元気に到着でした。

卵が乾燥していても生きている!
3日で孵化し20日で大人。
凄い世界ですね~・・
全部育ったアカツキにはどうされるのですか?
ペットとして?^^
それとも食料?
自分で育てたものは食べられませんよね・・・・^^;

あちち・・・の東北です。^^;
夕べは遅くまで暑かった!
今朝は涼しいです。^^
Commented by anrianan at 2010-07-23 08:56
★トマオさま、
どうやら小学生の研究キッド(おまけ)のようです。・・・・・・・カナ?(笑)
夏休みの自由研究をやっている気分になりました。
鋭利やんな歯ねぇ・・・・・・・(^_^;)、 ないと思いますけど、
噛みつかれそうになったら食べちゃいます。 ナンテネ(笑)
Commented by anrianan at 2010-07-23 09:03
★tengtianさま、
まぁ、一人旅で来たんですかぁ。・・・・・ ウチの弟が電車旅に憧れて、
家族で一泊旅行(千葉だったかな?)した時に、帰りは一人で帰ってきたことを思い出します。
彼にとっては、ちょっとした冒険だったでしょうね。

卵からは殆ど孵化したように思えますけど、大人に成長するのは少ないとか。
これから何匹くらい生き残ってくれるのか、それが気になってちょこちょこ眺めます。
これがパッと見、何もいないように見えるくらいに小さいので、毎回
「え? 全部死んじゃったの?!」と驚くわけです。・・・・飽きもせずに、毎回。(^_^;)
これでまた卵を産んで・・・・なんてことになったら、ペットになってしまうでしょうねぇ。
私がこんな地味なペットを飼うなんて、思ってもみませんでしたけど。(笑)

こちらも暑くて、ようやく扇風機を回し始めました。(冷房はありません、もちろん)(笑)
暑さで寝苦しく、そのぶん明け方に眠れたりして・・・・・せっかくの早起きが・・・・・・。(^_^;)
Commented by nakajimaakira1948 at 2010-07-23 09:19
anri さん、おはようございます!
おばけエビって言うんですか。

50年ぐらいむかし、少年雑誌の通信販売で 「シー・ドラゴン(Sea Dragon)」を買いました。
それと全く同じようで anri さんの記事を興味深く読みました (^^)

たしか送料込みで200円ぐらいだったと記憶、兄貴と半分ずつ出し合って買いました。
「タツノオトシゴ」のような形だったように思うのですが もう憶えておりません。
たくさん生まれ(いや、生き返えり)ましたが 大きくなる前に死んでしまいました。

いまなら、デジカメで撮っておいたんですが (^^)

Commented by anrianan at 2010-07-23 11:34
★nakajimaakira1948さま、
akiraさん、おはようございます!
ふふふ・・・・、正式な横文字の名前はあるようですが、おばけエビは子ども向けでしょうかね。(笑)
シードラゴンと聞くと、なにやら古代恐竜の卵のような印象を受けますね。
50年くらい前で200円といったら、結構大金だったのではないですか?
しかも子どものお小遣いとしてはねぇ・・・・。(笑) お兄さんと二人で、というところがほのぼのします。
これも卵からは孵化するのは簡単らしいのですが、大人に成長するのは僅からしいです。
なんだか・・・・・・生まれて嬉しいやら、死んでしまうのは悲しいやら。・・・・・・
私も生まれた赤ちゃんを撮ろうと何度もトライしたのですが、小さすぎて写りません!(/_^;)
ああ、もっと腕があればなぁ・・・・・・。 akiraさんのようにテクを持っていたらなぁ・・・・・・。
<< あちぃ~! ピーマンが採れた! >>