<< トマトの名前 梅雨明けか? >>
早過ぎる目覚め
2:09に目が覚めた。
それから眠れずに、時計をみたら4:04分。
空はすでに薄白くなってきた。

この空の色を見ると、始発電車まで夜通し歩いたことを思い出す。
真っ暗な深夜よりも、空が白みかけてきたかな? という時、ちょうどあの世とこの世の境を歩いているようで薄ら怖かった。
(あの世もこの世も同じ空間に存在しているんだ・・・・・)
と強烈に感じながらも、肉体をまとってこの世に存在しているという強い実感もあり、その時空間は不思議で楽しくもあった。

その時の感覚はどこかでいつも懐かしく、私はやおら思い立つ。
(朝陽を見に行こう)
要するに、この薄明りの中を歩きたかったんだね。

けれど真東に行って太陽を見る、という思いに支配され、バカまじめに地図などを取り出して定規で確認していたりするもんだから、家を出た時間は4:22。
(おぉ! ゾロ目で縁起がいいじゃないか!) ← と勝手に私が思っている

しかし門を出る時には、すでに大きな線香花火のような太陽が木陰からチラチラと見え始めていた。
足を急がせながら、東に山を下って行くのに一番近い階段へ向かう。

ああ、すでに太陽は房総半島の上!
しかし何度見ても、ここからの景色はいい。(※クリックすると全部大画面になります)
d0046294_7292572.jpg

ああでもないこうでもない、と少しずつ階段を降りながら写真を撮る。
d0046294_7364291.jpg

しかし、ここは山の細い階段。周囲の草は刈られているが、通るたびに蛇が出て来そうで怖い。
当然私は走って降りる。が、この階段、一段一段の幅も高さも違うから、転げ落ちないように気を付けなければならないのだ。・・・・


目的の真東は、ものの5分ほどで到着する。
上から眺めていた海は、目の前を水平に広がる。
ここは漁港なので漁船が出る。釣り好きな人たちが、結構東京の方からやってくるらしい。
d0046294_741353.jpg

すっかり上がった太陽は、ジワリと汗ばむような熱を放射してくる。
しばらく深呼吸して、体を左右に回す腰痛体操をしたりしていたが、暑さに弱い私はさっさと帰ることにした。
先ほどの近道階段とは別の、海を見ながらぐるっと迂回するコース。そして、上り坂だ。



4:44 家に到着。
(なんだ、たったの20分じゃないか・・・・・・)
それでもふわりと暖かい朝の空気を吸って帰って来ると、体の中の空気も入れ替わっているような気分だった。


何事にも動じることなく、今のような心でいたい。・・・・・ 良い事にも、悪い事にも。

この心の平和を乱されることが一番の恐怖になっている、と感じる今日この頃。





ヒヤリと冷たく鋼(ハガネ)のようにタフな女! に憧れる私に、
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-07-16 08:17 | ■とりあえず日記 | Comments(4)
Commented by neo at 2010-07-16 08:34 x
なんだか、一緒に朝日を見に行った気分です。
こちらはここのところ大雨続きで、朝日は見られません。
梅雨が明けたら、山に上がってみようかな。

朝日が上がる前の引き締まった空気感、好きです。
Commented by tomiete2 at 2010-07-16 14:09
よう頑張りましたね。
  早起きしての外出・・・足元にはお気をつけて・・・・

  朝日が望めて・・・・いいことがありそうですね。
Commented by anrianan at 2010-07-16 16:12
★neoさま、
そうでしたねぇ、信州の方が大変な大雨だそうで・・・・・。
こうしてブログをしていると、全国・・・・いや世界のあちこちに友だちや知り合いが出来て、
その土地の話題をニュースで見ると、その人を思い出します。
ほんとに世界が身近に感じますね。・・・・・

そう、夜明け前のひととき、空気がピンと張りつめる気がします。
山頂で日の出を迎えるのって、いいですねぇ~! といっても、私はまだ未体験。
いつか実現したいです。
Commented by anrianan at 2010-07-16 16:15
★tomieteさま、
はい・・・・・、なんだか最近、早く目が覚めるのです。
そういうお年頃でしょうか?・・・・・(^_^;)
年々足元も時につまづいたり、よろけたり。ああ、これが現実か・・・・・。
朝陽というとトムジーさんを思い出します。
いいこと・・・・・あるといいなぁ。・・・・・・
<< トマトの名前 梅雨明けか? >>