<< 残酷なことをしてしもうた・・・... すももを採れっ! >>
ねじ花大賞決定!
数年前から庭に現れた「ねじれ花」は、ねじ花とかモジズリとも呼ばれ、ラン科の植物とのこと。
今年も6月に入ると(元)芝のあちこちに姿を現し、そのため草刈りの時は、ねじ花を一緒に刈らないようにと、その周囲を避けて刈る。
年々ねじ花の数は増えてくるが、一本一本大きさやねじれ現象は異なって私の疑問は深まるばかり。


そんな中で、今年一番の「ねじ花大賞」はこれだ!
d0046294_15344658.jpg

クリックして大きな写真で、よ~く見てほしい。
背丈堂々と約30cmほどあり、二本が寄り添うように咲いている。
しかもそれぞれが左巻きと右巻きで、さらに2本の根元の茎部分が交差している。

まるで大柄なファッションモデルのカップルが、すっくと立っているような風情を感じた。


しかし、なぜ左巻きと右巻きがあるのか? という謎は未だ解けない。

ん~、新聞社の“今さら聞けない質問コーナー”にハガキを出してみようか。・・・・・・




左が雄で右が雌? ・・・・・根拠なし。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-07-11 15:44 | ■とりあえず日記 | Comments(6)
Commented by トマオ at 2010-07-11 18:38 x
そうでした! あんりさんの庭には、ねじ花が咲くのでしたね。
きれいな ねじ花のアップありがとうございます。

トマ爺のねじ花の俳句をトマコが見て、数年前に買ってくれて畑に植えたのですが
雑草に負けたみたいで、咲いたのは翌年だけでした。
毎年見たい可愛い花です。
左巻きと右巻きがあるというのも面白いですね。
Commented at 2010-07-11 22:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomiete2 at 2010-07-12 07:27
おはようございます。

ねじ花元気ですね。
球根ですから・・・周辺を掘り返したら・・・なくなってしまいます。

    自然がいい環境のようですね。

  土壌もいい環境になっているのでしょうね。
Commented by anrianan at 2010-07-12 08:29
★トマオさま、
ねじ花はここのところ、毎年お目見えです。(笑)
トマ爺さんは俳句も絵もお上手な方だったんですねぇ・・・・・。
そうそう、トマ爺ではなくて(↓)トムジーさんによると、
>球根ですから・・・周辺を掘り返したら・・・なくなってしまいます
とのことで、もしかしたら畑に植えたのがマズかったのかも?
日当たりのいいお庭の方だったら増えるかもしれませんよ。・・・
左巻きと右巻き、面白いですよねぇ。・・・・
さらに、茎も左巻きと右巻きがあるそうです。そこまでは観察していないけど。
ああ、ウチのねじ花を抜いて持っていってあげたいわぁ!
Commented by anrianan at 2010-07-12 08:33
★2010-07-11 22:51 カギコメさま、
ホントにありがとう~! その気持ちがとても有り難いです!
今朝、急に移植した芋苗が心配で見回ってみたら、どうやら根は付いているみたい。
でも土の栄養や日当たりなど、実際に芋が出来てみないといいのか悪いのか・・・・・。
少しずつ畑の領分を広げていきたいと思っているんだけど・・・・・。
やっぱり土がいいと何でも育つんだなぁ・・・と実感してます。

ふふふ・・・・・、そうだったのかぁ。(笑)
私もネットで散々調べたんだけど、どこにも出ていないんですよね・・・・。
これは研究者(がいるのかな?)(^_^;) か、知っている人に聞かないと無理かもね。
よし、ハガキを出してみようかな!(笑)
Commented by anrianan at 2010-07-12 08:37
★tomieteさま、
おはようございます。
そうだったんですね、ねじ花が球根だったとは知りませんでした。
数年前の初の1本は、鳥が糞をした中に入っていたかなんか・・・・だったのでしょうか。
今では、そのたった1つのねじ花がたくさんの子どもを産んでいます。
でもまとまった所に増えるのではなくて(水仙のように)、あちこちに飛んでいるのが面白いです。
植物にとってよい環境であると嬉しいです。
それが結局は、私にとってもよい環境になるんですものね・・・・。
<< 残酷なことをしてしもうた・・・... すももを採れっ! >>