<< 毎日がハプニング! 変わりました! >>
円楽師匠、ありがとう・・・
三遊亭円楽師匠がお亡くなりになりました。
円楽師匠といえば、若い頃に思い出があります。

私がまだ大企業のOLをしていた頃、会社の文化祭で円楽師匠の高座をお願いすることになりました。
当日師匠とお付きの人を楽屋代わりの会議室にご案内し、一番若かった私が「お茶出し」の大役をいただきました。

当時、花の東京本社で働き出した山猿19歳。(いや、20歳になっていたかも・・・・・)
初めて見る芸能人だったかもしれず、とにかくドキドキわくわくしながらお茶を持っていきました。
ほんとに気さくで優しく、何気ない世間話を延々として下さった記憶があります。
若くて今以上に浅慮だった私は、役得というよりは職権乱用に近いと思うのですが、抜け目なく色紙を用意しており、お願いすると気持ちよく受けてくださいました。
それが、これです。
d0046294_1083426.jpg


お茶のおかわりを淹れたりしながら、円楽師匠のお人柄でしょうか、とにかく心地良くて楽しくて、更に「引き際」を心得て居なかった私は、かなり長くお話を聞いていたと思うのですが・・・・・・・。

高座10分前です、という声を聞いて私はその場を去り、ドアの外から様子を伺っていると、静かにお茶を飲んでいる師匠の姿があり、・・・・・・・その様子を見ていて私はつくづく、
(本当は疲れていらっしゃったんじゃないだろうか・・・・・。 私が気を利かしてサッサと部屋から出るべきじゃなかったんだろうか・・・・・・)
と何か、心にズーンと沈むものがありました。

それ以来、テレビで円楽師匠を見るたびに
「引き際の大切さ」
のようなことを毎回、思い出させてもらっていました。

これからも、この思い出は残って行くと思います。

たった一度の出会いでした。
それでも、こうして一生心に残る出会いもあるものですね。・・・・・・



円楽師匠、ありがとうございました。





ランキングに参加中です。
ありがとう・・・の私に、応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-11-02 16:33 | ■とりあえず日記
<< 毎日がハプニング! 変わりました! >>