<< ホウレンソウの芽が出た! やっぱり、ね・・・・・・ >>
古本の中から・・・・・
廃品回収の時に出してしまおう!
と決意して、玄関脇の廊下に置いてある古本。
すでに数年が経つ。

小学生の時に毎月一冊ずつ届いた『少年少女世界名作全集』55巻(小学館)である。
「私の子どもが生まれたら読ませればいいじゃ」
と母に言われてとって置いたけれど、今となっちゃ子どもは生まれないだろうから、それはできない。
かと言って、もう一度読み返すかと問われれば、絶対に読み返すことはないだろう、と思える。

従って、捨てること大好き人間のおナカさんがいる時に、
d0046294_12432859.jpg「イッセーノセッ!」
で廃品回収に出してしまうことに決めた。



  その前に!



私は、どーしてもしておきたいことがあった。

本の間に“お金を挟んだままにしていないか?”を確認したいのだ。
あちこちに小分けにして隠す(?)・・・・・・、いや、閉まっておく習性のある私は、これがどーしてバカにならない。

「だってさぁ、私よく小学生の頃から電灯の笠の上に隠したりしてたもん」
と言ったら、
「そうだよ! お母さん、一回見つけたもん、500円札」
ときた。
「え゙っ?! で、どうしたのさ」
「・・・・・・ぶふふふ・・・・・、昔、上げたじゃ。・・・・・・・“古いおカネだよ”って言って」
「あれは旧い1000円のお札だったでしょ?」
「うん・・・・・・・」
(じゃ、私の500円札はどこに行ったのさ。カーサン・・・・・・)

“ナンデモ究明型”の私としては追求したい気持ちは山々であったけど、完璧にバレバレのつじつま合わせで誤魔化そうと努力している老人をいじめるのも可愛そうなので、止めておいた。(なんて心優しい私なんだ・・・・・?)


私がパラパラとページをめくって、懐かしい・・・・・・! ああ、この絵! なんだか覚えてる!・・・・・・
などと感慨にふけり、いい紙を使っているし、絵も全部色つきだ! と感動を述べていると、
「こういう本、ぜーんぶ買ってあげてたんだもんなぁ・・・・」
とおナカさんがつぶやく。
「そうだねぇ、おカネかけてもらってたねぇ・・・・」
などと答えていたら、

「あっ!」

二人で一斉に、私の手元で開かれているページに目が釘付けになる!
おカネ!? ・・・・・じゃなくて、何やらティッシュペーパーに・・・・・・
「押し花だ!」

「何十年前の花?」と私。
「あら~! 何の花?」とおナカさん。
「色が結構残っているもんだねぇ」と私。
「うわぁ~! 昔(自由研究などで母も手伝って)よく作ったもんなぁ・・・・・」とおナカさん。
まったく会話になっておらず、お互いに言いたいことだけを述べ合う母娘である。・・・・・・

d0046294_12385430.jpg

おカネではなくて、三十数年前のポピー(ひなげし)が発見された。
別の本から、もう一つ。


なぜ、これらの花を押し花にしようと思ったのか・・・・・・・、
どこで、この花を採取したのか・・・・・・、
まったく思い出せないことばかりだけど、なんだか古代の化石を発見したような感動がある。


考えてみれば、今日までの日数を生きてきたのだけれど、ほとんど忘れてしまっていることの方が多い。
そうやって何億年もの間、数えきれないほどの人間が思いを抱えて生きて、死んでいった。
その僅かな証が、遺跡や化石であったりするのかもしれない。・・・・・・
などと考えると、この押し花も私の生きた証のような気がしたものである。



ランキングに参加中です。
この押し花を永久保存したい・・・・と考えている私に、
 応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-10-20 13:10 | ■とりあえず日記
<< ホウレンソウの芽が出た! やっぱり、ね・・・・・・ >>