<< 到着1日目 叔母たちも到着・・... 出発! >>
出発の前の金春湯 銀座
まずは出発の夜に時計を戻して、お伝えしたいのは「湯」の話。

もうずっと探していたのです、夜行バスに乗る前に、湯に浸かってさっぱり出来る所を。
そして、銀座に銭湯があると聞き、その名は「金春湯」。コンパルユ、と読みます。

d0046294_1059310.jpg
家出娘(?)のように大荷物を抱え、全然ダサくて冴えない恰好の私は場違いの夜の銀座へ、早速調査(?)となりました。
銭湯に、いざ湯かん! (行かん! ね。(^_^;))

方向音痴の私は何度もネット上の地図をジッと見つめ、頭に焼き付けて会社を出ましたけど、やっぱり迷いました。・・・・・


ようやく金春(こんぱる)通りを見つけ、赤や青の輝くネオンの中に、青い背景に白い「湯」のマ-クが浮かび上がった看板を見つけました。

(え? こんな所にあるのぉ?!)
驚きの心を隠しつつ、のれんをくぐろうとすると、イケメンのホストとお見受けする若い男性が出てきました。
(近辺で働く人々は、きっとここを重宝しているんだわ。・・・・・)
と思いつつ、奥へ進むと木札の下駄箱が壁一面にあり、男湯と女湯それぞれ書かれた昔ながらの木の扉が並んでいました。
女便所・・・、いえ、女便所のドアと見間違うドアを押し明けると、すぐ右側の番台に、いかにも優しそうな、ぽたぽた焼きせんべいの袋に描かれた笑顔のお婆ちゃんが座ってました。


d0046294_10592997.jpg
「こんばんは」
と入っていくと、
「ん・・・・」。
(千と千尋の神隠し、みたい・・・・・・)
なぜかそういう印象を受けました。

場所柄、一番混むのは開店後の午前11時頃で、午後6時ごろは一番空いているとのこと。
ネットの情報通り、私が行った時にはオバーチャン3人のみでした。
そんなに広くはない湯船ですが、一人で入るには十二分。

d0046294_10594597.jpg
「ぬるい」と表示されている湯船に入りましたが、ゆる湯好きの私にはちっともぬるくありません。
後から湯船に入って来たオバーチャンは常連さんらしく、もう一人のオバーチャンに、
「今日の湯、ずいぶんぬるいわねぇ~! あら、イヤだ、随分ぬるいわ!」
(全然ぬるくない! もっとぬるくてもいいよ~)
と、私は心の中で抗議していました。

さて、その内に3人のオバーチャンも出て行き、私一人の貸切風呂となりました。
(やった~! ラッキー!)

湯船から出たり入ったり、合い間に水を被りながら繰り返していました。
何回目かの湯船の中で噴き出される泡に打たれながら極楽気分を味わっている時、ふと番台を見ると
(え、え、えぇ~! 男の人が座ってる!)
ぽたぽた焼きのオバーチャンから、4-50代と思われる男性に変わっていました。
そりゃあ銭湯なんだし、番台に座る人も裸の女なんぞ見慣れているでしょうが、・・・・・銀座には、私などよりよっぽど見応えのある女性は多いでしょうが、・・・・・・でも正直、私でもちょいと焦りましたわ。

きっと番台の上に、小型のTVでもあるのでしょう。
オバーチャンもオジサンも上の方を向いていますから、
「見られたら恥ずかしい」
なんて思っている方がバカみたい、と思うのですが、銭湯慣れしていない私はどーにも居心地が悪くて、さっさと上がってしまいました。

充分に茹るほどに温まったので、後から後から汗が出ます。
でもスッポンで汗が引くのを待つなんてこともできず、汗を拭き拭き服を着て夜の銀座に出て行きました。

d0046294_110110.jpg
一歩暖簾を出れば別世界。

やっぱり、不思議な空間です。・・・・・・




ランキングに参加中です。
明日は宮守滞在記。 応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-09-19 13:07 | ■とりあえず日記
<< 到着1日目 叔母たちも到着・・... 出発! >>