<< 夜の来訪者 収穫祭をやりたい! >>
ほうずき
ほおずきは、ナス科の多年草なのだそうだ。
原産地は東南アジアで、他に南欧やアメリカ大陸などの温帯に自生しているとのこと。

毎年7月9日、10日に浅草の浅草寺でほおずき市が催される。
昨日そのほおずき市で売られていたほおずきが、知人経由で私の元にやって来た。
その知人は、さらに知り合いから貰ったとのことだった。
マンション住まいの知人はしばらく飾って楽しみ、何本か終わった茎を切り取って私にくれた。
「お庭にでも植えてくれる?」
                              ※ヤモリさまもほおずきを見にいらした?
d0046294_937031.jpg

さて、そうなると枯れさせないために、地植えする場所を慎重に検討しなければならない。

さっそく、ほおずきはどのような場所に育つのか?
ということでウィキペディアで調べてみた。


ホオズキは多年草で、草丈は60~80cm位になるそうだ。
淡い黄色の花を6-7月ころ咲かせ、その後にご存じの実を付ける。
種蒔き、株分けで増やすことが出来るらしいが、ナス科植物との連作障害があるとのこと。
ウチではどうもナスには縁が薄い。
(こりゃ駄目だろうか・・・・・)
との不安もよぎるが、やらずに諦めることもない。・・・・・・


さて、活用法としてはドライフラワーにして観賞用。
果実は、子どもの頃にやった音を出す遊びくらいのようだ。

食用のほおずきもあるらしいが、観賞用は苦みと毒性があるということだから、これを食べる訳にはいかないな。・・・・・・
しかし、平安時代より鎮静剤として利用されたり、江戸時代には堕胎剤として利用されているらしいので、なにやらおどろおどろしいものを感じたりもする。
現在も咳や痰、解熱、冷え性などに効果があるとして、全草を干して煎じて飲む風習がある地方が存在するとのことだけど、もちろん若い女性には良くないのだろう、などと考えたりした。



  じゃ、アタシャ大丈夫かい?・・・・・・・






ランキングに参加中です。
来年のほおずき市を目指してガンバレ!(?)
 応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-08-20 14:34 | ■とりあえず日記 | Comments(8)
Commented by tomiete2 at 2009-08-20 17:03
コメントありがとうございました。

ほおずき・・・・女の子が遊んでいたのを覚えています。
  ナス科ですか。・・・・綺麗ですけど畑には栽培できませんね。
 ランキングにぽちっとやりますね。
Commented by anrianan at 2009-08-20 17:58
★tomieteさま、
いつもありがとうございます。
ほおずきは、小さい頃にぐりぐりやって中味を出して、ふーっと吹いた記憶があります。
でも今になると、あんなにぐりぐりと夢中にやった理由が良く分かりません(笑)。
日当たりのいい庭の隅に植えたい、と思うのですが、どこら辺がいいのか思案中です。
なんとなくほおずきを見ると「お盆」という気がすると思っていましたが、仏壇の灯火の形に似ているので飾るのだそうです。
庭にほおずきがある家なんて・・・・・・、今まで見たことがありません。(^_^;)
Commented by トマコ at 2009-08-20 18:57 x
ホオズキを頂いたところから、不思議な感覚で読んでたけど
お庭に植える?? もっと不思議になっています(^^)
私の感覚というか、子供の頃からの思い込みというか・・・
ホオズキはお盆の飾りで、実は遊ぶか枯れたら多分祖母や母が処分してた?
中身を出して鳴らす遊びは、お盆に祖母の家でやってましたよ~♪

ホオズキ市があったり、貰ったり植えたりするってことは
関東では結構普通に植えてらっしゃるんですか?
想像もしたことなくて、不思議な感覚になってるんだと思います。
苗木ごと頂いたんですか? それとも挿し木で栽培?
やっぱりホオズキそのものを埋めるのかなぁ~?
こちらでもお盆には売られていたけど、それは1本の茎にいくつかの実が付いてる状態なんです。
長さも50cmくらいはあると思うから、写真のイメージとちょっと違って
ホオズキは1本売りのイメージなんです。
ナス科なんですね~ そういえば食用ホオズキは美味しいそうですよ。
来年は、もしも苗を見つけて場所があったらと思ってます^m^
Commented by exmouthcoco at 2009-08-21 01:01
anriさん、お久しぶりです~~!
ホオズキ、こちらにもありました!お隣のおじいさんの家の庭にたっくさん、キレイな実をつけています。
お野菜コーナーで食用ホオズキを見たことあるけれど、まだ買ったことありません。
結婚式の食事で一度出てきたことがあったような…。味?覚えてないわ。(汗)

岩手のトマト、全滅なんですね。残念…。ご両親もさぞがっかりでしょう。
私も、借りている畑のトマトは例年通り(?)病気になって、まぁ収穫はできるものの、ダメになってるものも半分。
一方、庭で育ててるトマトたちは元気そのものです。それがちょっと救いかも。
anriさんの小さな菜園のトマトたち、おいしそうですね~。
Commented by anrianan at 2009-08-21 08:44
★トマコさま、
地面から出たほおずきの苗とそこについたほおずき、・・・・見たことありませんよねぇ?(笑)
私もないのです。子供のころは、苗どころか赤い実だけを袋ごと貰った記憶しか・・・・。
ドライフラワーとか、実の種を出して音を出すくらいの用法(?)しかないそうなので、
お盆の頃に飾る仏花と同じと考えていいのかもしれませんね。
ほおずきの形状と色で、仏壇の灯火に見立てて飾るとも書いてありました。
ほおずきを増やす方法としては、種を蒔く、株分けする、の方法があるそうです。
でもナス科で連作障害もある、と書いてあるから、植えて放置しておいたら翌年も勝手に、といかないのかしら?
写真のほおずきは、長い茎を何本か切り取ったあとなのでこじんまりして見えますが、50cmくらいになるのだそうです。ちなみに、これは鉢植えになっているんですよ。
浅草のほおずき市は、鉢植えのほおずきが売られるのです。
庭に植えてどうなるのか、・・・・・・実験をするような気持です。(笑)
Commented by anrianan at 2009-08-21 08:57
★exmouthcocoさま、
cocoさん、お帰りなさーい!
砂に埋まったワンちゃんたちを見て、どんなに楽しいヴァカンスだったのかと楽しみにしていたところよ。(笑)
そうそう、ほおずきのことを調べてみたら、ヨーロッパにもあると書かれていてビックリしました。
庭できれいな実をつけているということは、やっぱり地植えにしても実がなるということなんですね・・・・・。
植物は地面に植わって実をつけるって普通のことなんだけど、どうもほおずきのそういう姿を見たことがなくて意外な感じがしてしまうわ。
でもどうせ植えるのなら、食用がいいなぁ。(笑)
そう、岩手のトマトは霜でやられたと言っていました。気温や気候がやっぱり違うのよね。・・・・・
ウチのトマトたちは、この赤いミニトマトがよくなってくれます。
黄色いミニトマトは、今年はあまりならないなぁ。・・・・・ 場所が悪かったかしら。
でも他のトマトも成りが悪くて、やっぱり今年の天候(日照不足)が影響していると思えるの。
そちらもトマトの出来はイマイチなのね。・・・・ 
毎年環境条件が違うから、ほんとに野菜って毎年が実験って感じね。・・・(^_^;)
Commented by 銀の小鈴 at 2009-08-21 11:10 x
ほおずきってなんとなく郷愁を感じませんか~?
子供の頃、熟した実の種を取って、袋で母が上手に鳴らしてくれたことなど思い出します。
わたしはいまだに音を出すことができませんが。(汗)

日当たりの良い場所で、それほど手を掛けなくても丈夫に育つようですよ。
Commented by anrianan at 2009-08-21 14:29
★銀の小鈴さま、
まさに仰る通りですね。子どもの頃を思い出します。
同時に母と、田舎と、夏・・・・・というつながりでしょうか。(笑)
私も上手に音を出した記憶がありません。・・・・・ 今あるほおずきで、・・・もやらないと思います。(笑)
鉢植えのほおずきが竹篭などに入っていると、風情があっていいですね。
これを庭に移植して、今度は地植えのほおずきに初お目見えしたいです。
日当たりの良い場所、ですか。・・・・ 
<< 夜の来訪者 収穫祭をやりたい! >>